2017年05月22日

銃器解説 水鉄砲 PP19ビゾンについて

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回は結構有名なサブマシンガンについてですね


1 PP19の概要について
ロシアのイズマッシュ社が1993年に軍・法的機関向けとして開発した短機関銃ですね
特徴的なのがAKS74u譲りのコンパクトさと大容量のヘリカルマガジン!
私の友人がメディアに出たばっかりのこれを水鉄砲と呼んでいました(笑)
64発装填可能とP90よりも大容量かつ、AKの亜種でありながら反動をコントロールしやすいと評判です
ただ法執行機関向けのためサイガと違って、民間に人気がありません
野牛とかいうネーミングセンスも後継のビチャズ(騎士)と比べるとカッコ悪いですね

2 採用している所について
ヘリカルマガジンが特殊すぎるため、スペツナズ
などに支給されていました
ヴェンペル部隊も使っていたみたいですね


そのほかMVD系列が一部使用
みた感じビゾン2みたいですね
PBSー1サプレッサーを装着してますので隠密作戦用のものでしょうか?




微妙に人気がないビゾンですが、原因としてはヘリカルマガジンの特殊性にあるかと思います
結局の所、サブマシンガンで弾薬をばらまくのは特殊部隊向け(一般兵向けじゃない)→かといって信頼性に欠ける、威力不足なのは特殊部隊は嫌がる→結局ビチャズにお株をとられるの流れなんですよねぇ…
細かく見ていきますとヘリカルマガジンの一番の問題なのがジャムりやすいこと
いくらAKの亜種といってもジャムりやすく、弾数が多くとも撃てなければ意味がありません
そのほか問題なのが、弾詰め込むために低威力の9mmx18マカロフ弾を使うこと(シリーズで口径は異なる)
マガジンが前の方にあるのでフロントヘビー
(弾薬を撃つごとにどんどん重心が変わっていったのも不評)
大容量マガジンはロシアのドクトリンには大事なものではありますが、結局後継のビチャズではバナナマガジンに変更されています
ヘリカルマガジンと言えば、キャリコもそうですが現在では北朝鮮くらいでしか見かけませんね


どうせならPP19ー01ではなくR6Sのタチャンカくんが使えるようにしてくれたらもっと人気が出たかもしれませんね
バイオハザード7でも結構活躍してましたし、以外とメディア人気はある銃ではないかと思います

3 トイガンについて(あくまで個人の感想です)
CYMAさんから電動
S&Tさんから電動
GEさんから電動
LCTさんから電動
シルバーバックさんから電動
そのほかいろいろ

CYMAさん
PBSー1サプレッサーがついて実売2万円以下というロシア銃器の星です
PP19はどこがどこをパクっているのかイマイチ分かりませんが、フルメタルのため質感は良好

S&Tさん
S&Tの物はどこかのOEMでしょうが、S&Tの刻印いり
結構目立ちますので萎えます

GEさん
あんまり見かけませんが1000発が入る多弾マガジン付
他が180発か160発のスプリングばかりなのでアドバンテージとしては十分

LCTさん
質感がさすがLCTという感じの仕上がりですが、限定品のためもうどこにも売ってません

シルバーバックさん
値段が高い割には、マガジンやバッテリーがキツキツで入りにくいです
正直あんまり売ってませんしCYMA、S&Tに軍配があがりますね

サバゲーでの利点では、
伏せ撃ちがしやすい
コンパクト(重さは微妙)
リアカン戦では強い(マガジン揃えるの大変ですけど)

ロシア装備でコンパクトなサブマシンガンがほしい方、最近では福袋なんかにも入ってますのでサバゲー用に弄るのもありかと思います

(画像に問題があれば、削除いたします)
  


Posted by ゾンビハンター at 22:11Comments(0)ガン解説ロシア

2017年05月22日

イラク戦争物 サンドキャッスルについて

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はイラク戦争物のネットフリックスオリジナル作品についてですね


1 作品の概要について
クリス・ロースナーさんの実話に基づくストーリーになっています
主に登場する部隊は米陸軍第 4 歩兵師団
以下 あらすじ

2003年のイラク戦争の初め、マットは学費を稼ぐため歩兵部隊へ入隊していた。当初の任務はバグダッドへの侵攻や、新しく基地にするために宮殿の調査をしていたが、ある日危険な場所と言われているバクーバの村で、米軍のアパッチがロケット弾を積んだトラックを爆破。同時に水道設備のポンプが激しく損傷してしまう。村で駐在しているサイバーソン太尉ら率いる特殊部隊と合流し、水の配給と地元民を雇って修理の協力を促すようにと司令部から命令が下る。だが住民たちに作業員の雇い入れについてアナウンスするも集まらず、部長族との交渉も決裂。しばらく自分達だけで復旧作業を試みるが、住民たちへ給水している最中に襲撃され、仲間の一人を失い任務が頓挫する。兵士らの士気が落ちる中、マットは配給中に知り合っていた学校校長への協力依頼を太尉に提案。校長の弟と住民たちの協力により作業は順調に進んでいたが、彼らには更なる試練が待ち受けていた。

主人公は学費を稼ぎに来たたけで本当は戦闘はしたくない若者です
わざと後方勤務に回ろうとするなど、愛国心にあふれているわけではありませんが、アメリカ社会の闇が見え隠れしています
実話が下敷きなので戦闘描写はそこまでなく、目立つのがイラク人とのギスギス感ですね
現地民もアメリカ人を信用していませんし、味方のイラク兵も米兵と距離を置いている描写があります

2 装備について
装備については2003年なので3Cが真っ盛りな時代です
ウットランドOTVとの組み合わせが最高ですね
タイラップやサイリュームくらいでとくにゴテゴテしていないのも一般兵らしくて良いです



シヴァソン大尉はTシャツをころころ変えていますがイラク兵と肩を抱き合うシーンの物はアメリカンスナイパーをモデルにデザインされたThe Sniper
スーパーマンなのにパニッシャーですが、最高にイカしてます
https://dilligafusa.com/products/copy-of-the-sniper?variant=16611003140


そのほかはLynyrd SkynyrdのTシャツも着用
ロックバンドと特殊部隊は相性がいい組み合わせですね
https://www.amazon.com/FEA-Merchandising-Lynyrd-Skynyrd-T-Shirt/dp/B007JFEI1G


そのほかの特殊な方々もちょい役ですが、かっこいいです


サイラスとOTVのコラボということで装備好きな方は必見でしょう!


というわけでおしまい
(画像に問題があれば、削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 00:34Comments(0)オススメ作品紹介

2017年05月21日

隠れた名作 ブレスト要塞大攻防戦について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回は隠れた名作 ブレスト要塞大攻防戦についてですね


1 作品の概要について
さて第二次大戦物の映画はほんとにつまらないB級映画がほとんどですが、この作品は予算もあり、2010年の作品でありながらCGではなく、火薬を使いまくってますほか、バルバロッサ作戦の時の話であるため、ソ連軍は数で押すのではなく、逆にドイツ軍に人数も武装も劣っています
捨て身の突進を仕掛けるシーンはなかなか見所ありますね
ロシア映画特有のスコップ無双も見られます

以下あらすじ

1941年に起きたドイツとソ連による“ブレスト要塞戦”を描いた戦争アクション。ドイツ軍はソ連に対し奇襲攻撃“バルバロッサ作戦”を発動、数百万のドイツ軍がソ連領内へ侵攻し独ソ戦が勃発した。第二次世界大戦史上、もっとも過酷な要塞戦といわれた戦いの姿が綴られる。周囲を城のような壁に囲まれている、ポーランド国境に近いソ連の要塞都市ブレスト。軍楽隊の少年兵サーシュカと少女アーニャは穏やかな日々を過ごしていた。ところがヒトラー率いるドイツ軍が“バルバロッサ作戦”を始動、ブレスト駅にドイツの工作兵らが大挙し、要塞に向けて進撃する。アーニャと生き別れてしまったサーシュカだが、彼の前には過酷な現実が待ち受けていた

2 武器について
簡単にさらっと流しますが、ロシア軍の中で目立っていたのがSVTー40とマキシム重機関銃ですね


SVTー40はスナイパーが使ってますが、ドイツ将兵の胸を撃ち抜くなど大活躍
マキシム重機関銃も普段は逃げてきた臆病者を撃ち殺すために督戦隊が使っているイメージがありますが、今作ではドイツ兵を苦しめてます
パチPzKpfw III もBMPからの魔改造ですがなかなかよく出来てます


3 DVDについて
DVDについては珍しいため、市販されている分はかなり高騰していますが、ゲオなどで借りれます
(以前紹介したスターリングラードも史上最大の市街戦という題名で出されてます)

まとめとしてどうしても主人公が軍楽隊の少年であるため、ただの硬派戦争映画というわけではありませんが十分楽しめる作品です
ブレスト要塞攻防戦を映画化した貴重な映像資料でもあります
ちなみに今後の私の映画鑑賞についてですが、ヴァンデッタ、ローガンはすぐに見ようと思いますので気になる方は乞うご期待!

(画像に関して問題があれば、削除いたします)

  


Posted by ゾンビハンター at 20:36Comments(0)オススメ作品紹介

2017年05月19日

COD MW2のモブ (誤訳の宝庫)レンジャーについて

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はCODのあのキャラクターたちについてですね
ここは荒野のウェスタンだ!


1 レンジャーについて
レンジャーと言えば、アメリカ陸軍第75レンジャー連隊!
今作では、アフガニスタン フェニックス前線基地でアフガニスタン国軍を訓練していたレンジャー隊員たちがシェパード将軍の陰謀に巻き込まれアメリカ本土で大激戦を繰り広げます
ストーリーに関しては大幅に割愛しますが、ロシア軍の侵攻により、ラングレー、ホワイトハウス、ペンタゴンは一挙に陥落
ロシア軍の電撃戦に耐えられず、西と東にアメリカ軍は分断
(戦線は延びきっているのが作中でも分かります)
作中でもレンジャー以外は一般米兵が登場しないこともあって大苦戦しています
とくに制空権はほぼロシア軍に制圧されかかっており、ヘリも民間人の輸送で手一杯のためロクに飛ばせていないほか、ビルに設置されたSAMによって撃墜されています
この世界のロシア軍は本当に恐ろしいですね

2 レンジャーの誤訳やスラングあれこれ
ダン兵長→ダン伍長
ラミレスやアレンは二等兵ではなく一等兵や上等兵

S.S.D.Dとは"Same Shit Different Day"の略
日が変わろうが糞は糞

じゅううううびょおおおおおおおおぅ→なぜ前をつけなかったのか

ここは荒野のウェスタンだ→誤訳の中でも意味はわかる方だが、無法地帯が正しい

歴史の授業~→(原文)Yeah, I'm cutting through
history class now.
教室を通過すると授業をサボるをかけていますが字幕やセリフではとくに反映されてません

バーガータウン →Wolverines!
レッドドーンの映画ネタなわけですが、なぜか拾わずバーガータウンとかいうほぼ関係ないミッション名になっています

3 装備に関して
装備に関しては架空ではありますが、それなりに実際のレンジャーに寄せた装備になっています
一番問題なのが、謎ボディーアーマーですね
シャドーカンパニー兵と色違いのスキン共用のためなんとも言えない架空ボディーアーマーを着用
パラクライトのようなCIRASのようなとにかく不思議なボディーアーマーです


頭はMichだったり、プロテックだったりします



スキンは自動生成ですがシュマグをつけた兵士もいますね


ちなみに個人的に気に入っていたキャラクターはフォーリーさんですね
吹き替えはたまに意味が分からないこと言いますが、いい声していました


コスプレの難易度としては、シェパード将軍とセットでないと多分頑張ってもMW2レンジャーとして認識されないのが難点ですね


有名なゲームではありますが、結構時間も立ってますしどこまで認識されるのか気になるところです
(ちなみにMW3の作品内ではちょうど今年2017年にマカロフが死亡しています)

というわけでおしまい

(画像に問題があれば、削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 22:46Comments(1)COD

2017年05月18日

PMC、CIAにおけるチェックシャツの使用例と活用法について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回は男性ならば身近な存在であろうチェックシャツのミリタリー活用術についてですね


1 長袖、半袖どちらのほうがいいのか?
さて長袖、半袖どちらの方が多いのかと言われると半袖の方がざっと見ても使用例多いですね
イラク、アフガニスタンはまぁ暑いですから納得の結果です
半袖は当たったら痛いですが、アームカバーなんかでおしゃれに見せることがポイントでしょうか?



2 色合いと模様について
模様に関してはボーダーチェックのものやボーダーラインが入ったものが圧倒的に多いでしょう
色合いとしては青などが無難



赤っぽいのを好む人もいますが、サバゲーではマーカーの関係もありますので止めといた方がいいかもしれません



そのほかは白系統ですね



3 チェックシャツを着ている所について
まぁチェックシャツが制服という部隊はありませんが、一番着ているのはPMCですかね
私服を使っている所が多い以上、必然的にチェックシャツ率も高いです
普通にPMCをきどるならTシャツなんかの方が無難ではありますがね
そのほか以前紹介したシールズの私服でもチェックシャツの方いましたし、Lamさんのようなデルタ、CIAなどやる気と気迫があれば基本的にどこでもやれるかと思います
装備としては重装備にしてもいいですし、下のように軽装備と重装備の間くらいをねらってみるのも良いかもしれませんね


チェックシャツをあえて着てみる理由としては、以外と着てみるとかっこいい、サバゲーの荷物が減る、ラフで夏でも暑くなりにくい、UO装備をやりたい、服自体が安いとかですかね
メリットが多い上にそこまで人と被りません
デメリットというかどうしても弊害なのが、ラフな人の装備は筋肉やら風格がないとどうしても陳腐に見えてしまうことですね
チェックシャツなら尚更オタク感ましまし(実際オタクなのですが)なのでどう着こなすか、どんな装備と合わせるのかということを考えてみるのも一興です
というわけでおしまい

(画像に問題があれば、削除いたします)


  


Posted by ゾンビハンター at 22:44Comments(0)CIA

2017年05月18日

戦隊ヒーロー物っぽいネタミリフォトについて

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回もつづけて愉快なミリフォトについてですね

さて今回のお題は戦隊ヒーローものっぽいネタミリフォトについてみていきましょう
まず始めにアイルランド国家憲兵隊
見事に5人揃って戦隊ものっぽいですね
最近では何人もヒーローがいる戦隊物もありますが私は5人が一番しっくりきます
惜しむらくは全員ブラックなことですが…(笑)


お次はウクライナ ベルクトかOMONの皆さん
これだけ見ると人畜無害のゆるキャラにも見えなくもないかな…
一人だけマンダリアンが混ざってますね


イラク民兵も戦隊ものらしくポーズ
海外でも日本のアニメの影響とかありますのでもしかしたら戦隊ものっぽいポーズは万国共通なのかもしれません


ちなみにイラク民兵は陽気な人が多いので嬉しい時はダンス踊ってたりします


米兵はなんかよく分からないポーズをしていたりします
女性の方の笑顔がいいですね


イスラエル兵もそれっぽくポーズをとってたりします
敵対しているハマスでもこういう感じのミリフォト多いので興味深いですね


最後におまけですが戦隊ものというかゾンビ物のR6Sファンアート


リーダー気質のスレッジ
スレッジハンマーでゾンビをミンチに!
ゾンビ絶対殺すマンのタチャンカ
普段は役に立たないDP28が火を噴くぞ!
謎の日本人サムライ 火花
日本刀は原作と関係ないけど多分強いぞ!
クールなインテリ枠 ドク
ウイルスの抗体を作ってみんなを救うぞ!
ストーリーはホワイトマスクの陰謀により、ゾンビウイルスがばらまかれた!
同僚がゾンビ化していくなか、対人戦闘経験はあるけどゾンビ狩りはしたことない生き残りたち。
果たしてR6Sの運命は如何に!

これで映画化されたら絶対見に行きますね
というわけでおしまい

(画像に問題があれば、削除いたします)

  


Posted by ゾンビハンター at 16:47Comments(0)ネタ

2017年05月16日

世界各国の面白いブリーチングについて

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回は小ネタ集ということで、ネタの宝庫であるブリーチングについて見ていきましょう!
まぁブリーチングといっても一口にいろいろあるわけですが、訓練された特殊部隊員でも失敗したり荒っぽいというのはありますね
まず始めにOMONのおじさん


扉にとびかかるというクッソ荒っぽいブリーチングです(笑)
米兵でもドロップキックで無理やりドア開けている映像もありますが、さすがロシア人という感じですね
荒っぽすぎてこれでは押し入り強盗のようです

お次もスペツナズ関係

ジェットストリームアタック的な画像ですね
R6Sでたまにこうなることもありますが、C4なんかもありますので固まるのはやめといた方がいいです
ドアぶち破られるのも怖いですが、窓からこうやって覗かれるのも相当怖いと思います

米兵はブリーチング訓練で満面の笑みを浮かべてます

左の人のドヤ顔がツボにはまりました(笑)

そのほかどこのSWATか忘れましたが、ガンキャノン的なアセチレンバーナーがかっこいい画像です

マルチカムブラック最高にかっこいいですね
そのうちまとめたいと思います

シールズは手から火を出している…のではなく、バーナーでキコキコ鉄板を切断
以前にも書きましたが、特殊部隊とはいえやたらと危なっかしいブリーチングですね


最後にどこの部隊か失念しましたが、ラペリングに失敗してパンツ丸出しな隊員

R6Sでは軽々しく盾やら持ち込んでラペリングしてますが実は高等技術であるということがしみじみ分かる画像ですね

というわけでおしまい
ブリーチングはGIFなんかも良作が多いので気になる方は探してみるのも良いでしょう
今後もクスッと笑えるネタ探しは続けます

(画像に問題があれば、削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 20:43Comments(0)ネタ

2017年05月15日

銃器解説 ロシアのショットガン サイガについて

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はロシアが誇るあのショットガンについてですね


1 サイガについて
AKシリーズのような感覚でマガジン交換可能
互換性もAKシリーズとあり、アメリカ人なんかには人気な銃ですね
日本では410なんかが人気です
ロシアでは法執行機関向けのKモデルが各機関に使われてます
ロシアではどっちかというと変な口径に合わせてサブマシンガン量産している感じがありますからショットガンはサイガくらいしか有名なのがありません
アメリカと違ってブリーチングに小型のショットガンを使う習慣はなく、AK74Mに似たサイガがちらほらAKに混ざって運用されています
マガジンが交換しやすいため、ブリーチング弾と通常弾薬を使い分けできるのが利点らしいですね
ドラムマガジンに関してですが、30発しか入りませんのでもっぱら使われているのが10連マグ
見た目はAKマグと変わりません
シューティングマッチなんかには例外もあるようですが…(笑)


フルオートも一応できますが、反動がきついためセミオートで運用されてます
持ち運びはほとんどのサイガが74Mのストックなので良くも悪くもないですね
マガジンも合わせるとかさばるかと思います

2 採用している所について
最近ではそこまで見ませんが、攻撃的なセミオートショットガンということで民警、内務省系に一定数存在するようです



12Kと410Kー01が目立ちます
OMONなんかも地味に使用
これを暴徒に撃ち込むかもと思えば、末恐ろしいですね


そのほか珍しいですが白ガムテープでグルグル巻きにされたものもあります


3 トイガンについて(あくまで個人の感想です)
地味にサイガ12の中華エアコキが海外サイトで2種類売られています
ロングとショートモデル
お値段15ドルとチープ感満載ですが、無いよりはマシでしょう
ロシア銃器は火さえつけば各社こぞってトイガン化しますが、サイガに関してはまだまだかかりそうですね
同じくチープガン止まりのSKSにも期待です
どうしても実銃の民間モデルが安いとトイガン化されにくくなっています
よくマルイさんのAAー12のメカボを使ってサイガ作ってほしいという人もいますがあれはサイガの本体には入りきりません
よほどデブくしないと無理らしいですね
まぁモデル化されれば需要があると思いますので新商品のネタに困ったメーカーさんは是非是非~
(画像に問題があれば、削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 19:18Comments(2)ガン解説ロシア

2017年05月14日

レインボーシックスシージに登場するオペレーターの装備と銃器考察について NAVY SEALS編

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はネイビーシールズについてですね


1ネイビーシールズについて
言わずとしれた米特ですが、今作では警察系特殊部隊に混ざって登場
実際にはいない女性隊員やなぜか大々的に抜擢されたD50など突っ込みどころはありますがまぁ格好いいですね
公開当初はDLCキャラクターの中でも両名ともえらく強かったですが度重なる弱体化にピック率もかなり落ちてしまっています
とくにブラックベアードはもう新兵みたいなものですね

2 装備について
装備に関してはお金でも積まれているのかCRYE社のものが非常に目立ちます

ブラックベアード


頭=CRYE エアフレーム
ヘッドセットは無刻印ですがコムタック?
胴体=CRYE G3コンバットシャツ
膝に血液型の落書きあり
そのほかはシュマグ
ベストはCRYE JPC
ポーチもすべてCRYE社のもので後ろにハイドレーションポーチ
マガジンポーチやメディカルポーチもすべてCRYE製品
ただマガジンポーチはSCARHやSR25のマガジン入れるには窮屈そうですね
腰はリガーベルトにこの画像にはないですがD50のホルスター
またメディカルポーチ、メディカルシザー付き
ラペリングロープらしきものが腰にぶら下がっています
靴はメレル ソウトゥース

装備に関してはとくに困るものはありませんが、コスプレ上で困るのが体系と顔の傷跡
体型はムキムキ、左頬に傷跡があります
ちなみにご尊顔はヒゲ補正のおかげかそこまでイケメンでもありません
サングラスとヒゲは本当に偉大です


ガジェットは度重なる弱体化により、海外ではNERF呼ばわりされています(NERFシリーズの中に盾付きのものがあるため)
全盛期は強引に窓からラペリングすることもできましたが、現在ではハンドガンでもすぐに破られます
ショットガンはもちろん、ヘッドショット狙いのSMGにも耐えられません


おまけですが、結構有名なファンアートではあの人をモデルにしたスキンが描かれたりしてます
結構イカしてますのでエリートで追加してもらいたいですね



ヴァルキリー

こちらもムキムキマッチョなご婦人です
デザイン的にはCSTの女性隊員がモチーフですかね
とくに装備も変わってませんが、頭はシュマグ
ガーミンは腕に
グローブはオークリーパイロットグローブ

ガジェットは小型のため自作すること自体はまぁそこまで難しくはないでしょうが、問題なのが壁などにくっつかせること
くっつきボールなどもありますが機能も再現するのか、それともガチャガチャの殻で形だけで再現するのかなかなか楽しそうなガジェットですね


というわけでおしまい
新オペレーターについてですが、どうやら5月の分
は延期という形になりそうです
香港オペレーター早くプレイしたいなぁ…

(画像に問題があれば、削除いたします)


  


Posted by ゾンビハンター at 00:42Comments(0)レインボーシックスシージ

2017年05月12日

シャーリーンことM14の米軍での使用例について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回は往年の名銃 M14についてですね
今回はガン解説という形はとらず米軍のみの使用例のみ扱います他、EBRについては取り扱いませんのでご了承ください


1 採用している所
目立っている所を紹介しますと海兵隊のDMR、第82空挺師団がミリフォトでの露出が多いですね
時代としては初期ナム戦

イラク、アフガニスタン戦争では多くのM14が引っ張り出されてますからまぁ幅広い守備範囲ですね
最近ではEBRか退役してノーマルなM14は式典や訓練でくらいしか見られませんが、一部州軍はまだ使っているかもしれません
マルチカムと以外にも合います


2 M14の光学サイトについて
M14ですが、M21やM25として使われているものはリューポルド LR/Tや

レッドフィールド製3-9x ARTが載っています

そのほか多いのがエイムポイントかACOGですね




そのほか例外みたいなものですが、意外にもホロサイト載せた兵士も見受けられます
どうしてもM14はマークスマンライフルのイメージがありますが、ホロサイト意外とイケますね



リューポルド載せるのは気楽とは言えませんが、エイムポイントやホロサイトのレプリカなんかは山ほどあるので光学サイトで悩んでいた方は参考までに。

3 色や迷彩について
基本的にウッドストックか



海兵隊が使っているDMRのODフレーム


そのほか塗装に分かれるかと思います
塗装はサンド色



それかOD系統に分かれますね
こちらのシールズと思われるおじさまの得物がなかなかイカしてます


基本的に好みですが真っ黒というのはまぁないので注意しましょう
あとチークパッドもほぼ必須ですね

3 トイガンについて(あくまで個人の感想です)
マルイさんから電動 ブラック、OD、ウッドストック風
CYMAさんからそれのパクリ
AGMさんからエアコキ ウッドストックからタクティコーなものまでいろいろ
DEさんのもAGMと同様か?
そのほか色々
代表的なものを取り上げますと
マルイさん
値段も安価で中身も信頼のマルイ
剛性も高く良品です
ただし、M14自体が長く重たいのでサバゲー向けというわけでもないですね
注意すべきはM14ソーコムはソーコム16のパクリで本当は民生品です
まぁ一部は使われているのかもしれませんがショートバレルのためブラックホークダウンごっこやシャーリーンとして愛したい方は注意が必要
間違って買っては微笑みデブが泣きます
標準マウントがついているからと言って油断してはいけません


ソーコムでも単純に長い上に電動なのでそこまでエアガンとしても面白みがないのも難点
手放す方も多いので買うときにはそれなりに覚悟しましょう

CYMAさん
カスタムベースとしては優秀ですが、とくにリアルウッドとか外見がいいというわけでもない値段だけが取り柄なのがきついですね
安く買えた分、ウッドストックを新たに買いたい人向け

AGMさん
エアコキというだけで珍しいですが、驚くべきはその値段
5000円程度で売られています
中身はまぁアレですが、ほどよく重量もありますしコスプレだけしたいという方向け
M14に限ってCYMAが売れにくい原因ですね

というわけでおしまい
マルイさんの新商品は拍子抜けでしたが、力を温存しているということでここは一つ…
バイオコラボで息が上がったのは分かるのですが、M4A1だけというのは悲しかったです
M4A1はまぁ外装カスタム要員としては優秀そうですね

(画像に問題があれば、削除いたします)


  


Posted by ゾンビハンター at 22:29Comments(2)ガン解説