2017年04月25日

COD MWのモブ 超国家主義者について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回も続けてMW1についてですね


1 超国家主義者について
スターリンを信奉し、かつての威厳を取り戻すべく西側諸国に反抗する武装勢力です
実際にロシア人の中にもスターリン信仰をする人もいますが、MWの超国家主義者は度を超したテロリストですね
西洋化、欧米化を憎んでおりロシア人の誇り、名誉を汚されたことに対して武器商人のザカエフ中心に結成されています
逆に言うと西欧化の恩恵を受けられなかった人間の集まりであり、貧しい東欧諸国やアラブ諸国出身の構成員が多いようです
そのため反米であれば、生粋のロシア人であるかは関係ないみたいですね
MW1の時点では政府軍とも対立していますが、民族浄化に手を染めている描写がある
買収できなかったチェルノブイリの兵士を殺して沼に放り投げるなど残虐
BO2の西側諸国への確固たる報復の理由があるメネンデスよりたちが悪いですね

2 軍事力について
ザカエフが核物質を売買するなど大物なこともあり、資金力については上々のようでミグやヒップなどの航空機を多数保有
炎熱では即座に部隊を展開できるなど民兵にしてはかなり優秀ですね
武器は旧ソ連のものを使用
(西側嫌いのはずなのにザカエフはイスラエルのDE、一般兵はホルスターにM9を刺してます)
マカロフなどのスペツナズ上がりの兵士も多いようです

3 装備について
装備については複数パターンがありますが多いのがシュマグで顔を隠したイスラム系兵士とブルータイガー迷彩の兵士ですね




迷彩はVSRかパルチザン
ベストはMOLLEタイプのものとスメルシもどきのチェストリグタイプがあります

ブルータイガー迷彩の兵士はRPG弾薬バックを背負っています
個人的にかなり気に入ったデザインだったのですがリマスター版では迷彩がリメイクされ、ベストもSSOのスメルシ風に変わっています




そのほかではGPー5ガスマスクやモールスキンジャケットを着た敵もいますね
リメイクに際してゴルカタイプの兵士も追加されてます




おまけ
MW1はリマスターにあたり、地味にロゴもイケメン化しています


そのほかストーリーには差し支えはないですが、とあるステージでMW2の巨悪 マカロフとMW3のユーリが登場
ユーリは殺害できませんが、マカロフは殺害可能
タイムパラドックスを起こすことができます

というわけでおしまい
(画像に問題があれば、削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 22:06Comments(0)ロシア愛すべきモブ

2017年04月21日

シリア アレッポで見られるロシア軍の最新機器について

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回はロシア軍についてですね


さて、私のブログでも何回も紹介しているシリアのロシア軍についてですが、シリア軍の共同地雷処理にエクゾ(エグゾ)スケルトンらしきものを運用しているのが確認されました
エリジウムのようなメカメカしい感じではないですが運用からして重量分散のためのものですね


兵士の背面は通信機なのか地雷探知機なのか機械を背負っていることが分かります
これのレプリカが出たらぜひとも欲しいですね


また球体状のドローンも運用していたようです
ロシア軍かシリア軍かどちらの所有物なのか分かりませんがなんともハイテクです


そのほかスマートな印象のFORT社のOVRスーツも何人かの兵士が着込んでます
西側のずんぐりむっくりな対爆スーツよりはかっこいいですね



SSOの方も露出も多いので動画、画像共に充実してます
自動装填式グレネードランチャー AGS-30も携行してますがここは米特とは異なる所ですね
16kgもあるので重いと思うのですが車両に積み込まず運用されているようです





SSOも近代化が進んでいるというか特殊部隊なので当たり前ですが泥臭さがなくなったのは本当に残念です


というわけでおしまい

(画像に問題があれば、削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 13:12Comments(0)ロシア

2017年03月18日

メトロシリーズの第4帝国について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はMETROシリーズの帝国についてです


1 第4帝国について
第4帝国はナチスドイツをお手本にした過激なファシスト集団です
レッドラインとは同じ全体主義であるものの主義思想が食い違うため互いに戦争を行っています
元々核戦争前はどんな組織かは分かりませんがいわゆるネオナチの思想を持ってます
思想の特徴としては従来のロシア系ネオナチの思想であるスラブ人絶対主義があげられますが、ただし逃げ延びてきた人々はほとんどはスラブ系のため人種同士の摩擦はMETRO内ではほとんどありません
代わりに放射能による遺伝子の変異がMETRO内で問題になり遺伝子的に純粋なスラブ人を優良とし遺伝子に問題がある、もしくは恐れがある人間を弾圧しています
こういうところはfalloutのエングレイヴとほとんど変わりませんね

2 組織構造について
ナチスと同様に総統が全体を指揮しています
METRO内の組織としては非常に統制がとれ役割分担がはっきりしています
将校は士気向上と規律徹底のために働き、


スカウトは敵陣営の偵察任務につき、


ストーカーなどは地上で遺物を漁っています


喋るのはロシア語ですがアクセントや単語単位でドイツ語も喋っています

3 装備について
レンジャーやレッドラインがそれなりにロシアテイストな装備に対して第4帝国はまったく未知の装備になってます


重装甲兵も存在しますが自作は難しいですね


4 作中での活躍について
ゲーム作中ではずっとレッドラインを戦争をしています
第4帝国の方が数で劣るものの練度と士気が高く、対してレッドラインは数は多いものの適当に徴兵
した素人ばかり前線に送り出すため戦線は拮抗しています
ラストライトではスタラグという強制収容所が登場し捕虜を虐待し射的の的にしていることが分かりますが裏返せばMETRO内では捕虜をとるだけそれなりに有情とも言えます
(農業もキノコ育てるくらいしかなく、鉱山などで働かせることもできず工業もろくにないためMETRO内では捕虜をとる意味はあまりありません)
またレッドラインが共産主義者以外のMETRO住民を攻撃しているのに対して第4帝国はレッドラインとミュータント相手に戦いを挑んでますからMETRO内の勢力バランスを保っているだけではなく地上にも前向きに兵士を送り出していますから単なる悪の組織とも言い難いですね

以上おしまい
(画像に問題があれば、削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 22:30Comments(0)ロシア終末装備

2017年03月16日

銃器解説 SVDーSについて

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はロシアが誇るドラグノフについてです


普通のSVDは取り扱いませんがこの記事ではSVDMは取り扱いますので悪しからず
1 SVDーSの概要について
SVDーSの概要につきましては1994年に開発されたドラグノフファミリーであり特徴的なのは着剣リグがないことと折りたたみストックであることですね
外見としては黒くて近代的な感じですがそれほど新しい銃でもありません

使用例に関しては特殊部隊や一般歩兵などで占められておりモスクワ劇場占拠事件時のFSBなんかも使ってます


そのほかどこか忘れましたが内務省系の部隊も使用




一般兵はロシア連邦軍やクリミアの礼儀正しい人たちが大いに使ってます




生産自体はイズマッシュ社が行ってましたが潰れちゃいましたので最近ではなかなか見かけないですね
近代改修された親戚のSVDMはバイポット標準搭載、携行しやさはそのままに飛距離が多少は伸びてます…が結局時代遅れのためSVー98とかに食われてます


トイガンについて (あくまで個人の意見です)
SVDーSのトイガンに関しては
A&Kさん 電動、エアコキ
CYMAさん 電動(CMO57S)
クラウンモデルさん エアコキ
ARESさん 電動

A&Kさんはほぼ中身がオリジナルのため非常にめんどくさいです
CYMAさんはRSのパクリなので多少はマシですがとても弄りやすいとはいえません
クラウンモデルさんはA&Kの輸入品で外箱以外はたしか同等品だったかと思います
ARESさんは値段が高めの割には個体差はあるんでしょうけど出来が悪いです

全体的に本物がファイバーなので質感自体はどれもそこまでひどくはないですがこれといった決定版がないチープガンのチキンレースです
よほど愛がないかぎりノーマルな方のドラグノフを買うことをお勧めします
RSなどの方が質が良く財布に余裕があれば無難です。

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 19:01Comments(0)ガン解説ロシア

2017年03月13日

メトロシリーズのレンジャーについて

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回も続けてメトロシリーズのお話です


1 レンジャーについて
スパルタンとも呼ばれるレンジャーですがメトロ最大の都市 ボリスやメトロ全体の平和を守っています
元々どんな組織だったかは不明ですがスペツナズなどの特殊部隊だったのかもしれません
組織としては小規模ですが一人の隊員が赤軍兵士5人に勝るほど優秀な人材ばかりが集まってます

2 主な拠点について
ボリスを始めとして地上の教会に拠点を設けてます

そのほかメトロ2033以降はD6と呼ばれる秘密ミサイル基地を主要拠点にしています
元々はソ連軍の施設ですがBM30ミサイルの他に謎のアメーバが住み着いており生物兵器も保管してあったのではないかとされています
(実際ラストライトで細菌兵器が盗まれてます)
施設の内訳としてはA1ーA4とB1-B4とD2に分かれておりA1がアルチョムがミサイルを発射するのに使った所
B2がラストライトでレンジャーが住んでいる所になっていますが他の場所は登場していません
拠点の中は電気も通っており、技術者やガンスミスなどもいることからメトロ全体の中でもかなり恵まれてます

3 装備について
METROの装備はガスマスクはともかく架空装備ばかりなのですが一応取り上げておくとレンジャーは特殊なフルフェイスガスマスクを採用しており、アイアンマンスーツのように顔前面のみ外れる仕様になってます
これだといちいちフィルター換えなくて済むのですがアルチョムにはもらえません(笑)


そのほかK6ヘルメットにPHB-57ナイトビジョンらしきものも併用
K6ヘルメットはスパルタの刻印が入っていてかっこいいですね
服はアサルトスーツらしきものに謎ボディーアーマー


D6にいるレンジャーは何とも言い難い迷彩のボディーアーマーを着用



隊員の中にはフェイスマスクをつけたレンジャーもいます
主要武器はAK74と一見、内務省系特殊部隊にも見えなくもない洗練されたデザインになってます


4 作中での活躍
メトロ2033ではD6を見つけるために地上へアルチョムとともに出かけ場所を特定しD6を確保


地上でミュータントの群れ相手に大健闘し、貴重な装甲車すらもアルチョムのために出してくれたレンジャー隊員は本当にいい人たちです


ラストライトではD6に大量の食料と銃器が隠されている噂が広がりレッドラインが奪取を目論み戦争に
(実際にはコルブト将軍の戯れ言であり、元々ミサイル基地のためたいして備蓄はありません)
ミラーの演説によりレンジャー100人が立ち上がります

数で勝る赤軍に攻め込まれ次々とレンジャーが倒れていきますがどのエンディングでも勝利を勝ち取っており、メトロ2035では半数以上のレンジャーが倒れたとされ戦力は減ったものの活動を続けるレンジャーの姿が描かれてます
その勇敢さにファンも多くウクライナの某大隊もスパルタのマークを真似していますね

以上おしまい

(画像に問題があれば削除いたします)

  


Posted by ゾンビハンター at 22:58Comments(0)ロシア終末装備

2017年03月12日

メトロシリーズの世界観考察について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はたまには終末ネタということでMETROシリーズ関係の記事にいたします


1 そもそもなぜ第三次世界大戦が起こったのか?
METROシリーズでは核戦争により世界は荒廃しましたがゲーム版では2013年に世界は滅亡したとされています


理由としてはメトロ2034などで少し触れられている通り米国、ロシアを初めとした核保有国同士での短期間の報復合戦
まずロシアではモスクワが標的にされ指揮系統が麻痺
核到着まで多少は猶予があったようで警報が発令され一部の市民たちが地下鉄に避難できました
これが後のMETROシリーズの発端になります
ロシア側も国内のミサイルサイロや原子力潜水艦から報復したとされ、米国に着弾したとされています
ただし核戦争とはいえ2013年ごろの話ですから防空システムも発展しており地下鉄ごと吹き飛ばすほど着弾はしなかったようでクレムリンや図書館などはほぼそのまま残っています


2 核戦争の影響
メトロ2035の設定ではロシアでは1億4000万人は核の炎で死に絶えたとされ、残りの生き残った6万~から7万人もメトロ内の抗争により危機に瀕している状態です
地上は核の灰によって空が曇り植物が死に絶え、動植物は突然変異によりミュータントと化しました
生存者の中には地上で戦車をシェルター代わりにして暮らす人もいたようですがミュータントや放射線により長くは持たなかったようです
ガスマスクなしでは地上で生きられなくようになり人類は地下に追いやられることになります
また追い討ちをかけたのがEMPにより電子機器が使えなくなり外部との連絡が取れなくなったこと
これにより生存者たち同士で連携することがほぼ不可能になり誰か生き残っていたかもしれないウラル山脈の地下バンカーとも連絡がとれていません
20年経っても短波無線くらいしか使えないようです
ちなみにウクライナの生存者グループの話が小説になっていますから他の地域でも生存者はいるようです

3 メトロの勢力について
当初は軍人たちが仕切っていたようですが多くの避難民を見捨ててメトロの扉を閉めたことにより反感も強くあっさり失脚
代わりに駅ごとに勢力が形成されるようになります
文化的な駅が集まったハンザ連合、共産党のレッドライン、ネオナチの第4帝国などに分かれてゲーム内では戦争をしています

4 ミュータントについて
ミュータントに関してはネズミが突然変異したと思われるメガリスが多く登場します

また地上ではデーモンと呼ばれる大型ミュータントも多数生息しており人類は劣勢です
原作ではほとんどミュータントは出てこないもののゲーム版では地下に侵入し数々の駅を潰しています

5 文化レベルについて
通貨制度がまだ残っていることから生活レベルも終末作品にしては高いほうです
本なども多くある上劇場など文化的な面も残っており、なによりまだ戦前を経験した人間が数多く生き残っていることが文化的な理由の大きな要因になってます
主人公アルチョムも戦後に生まれ育っていますがキリル文字で日記を書いているなどそれなりに知識の継承もされているようです
食料に関しては養豚やキノコで賄われ市場が成り立つほどには豊富にあります

6 銃器に関して
ゲーム版では多数銃器が登場しますがほとんどが架空です
登場勢力の個別記事を書くときにも掘り下げますが戦争が行われていることにより粗悪とはいえ武器が生産され続け、それがメトロ内の経済を回している一因になっています

以上おしまい
レンジャーやレッドラインなどの記事も書いていきます

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 22:42Comments(2)ロシア終末装備

2017年03月01日

シリアに展開していたロシア軍特殊部隊について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はロシアネタということで前のシリア話の続きですね

 
ささっと書いていきますとロシア軍の地雷撤去任務は少し前に完了し、ロシア軍はほぼ撤退しました


パルミラ遺跡にもロシア兵が相当数いましたが現在は撤退したようです
それにしてもタンクデサント本当に好きですねこの国は(笑)



ロシア参謀本部直轄の部隊SSOの方もパルミラ遺跡などに出没してましたが現在の動向は不明
土ぼこりで汚れたタイガーかっこいいですね



動画なども見てますとドローンなども使っていたみたいでかなりハイテクです


火力重視のロシア人らしくPKP!9M113!?という感じでみた感じかなり重武装



砂漠に合わないマルチカムということも合わさって海外ジャーナリストの目を引きました
余談ですがシリア正規兵はかなり目立ちません
これぞまさしく砂漠の兵士ですね


戦闘はかなり反乱軍とかち合ったようで隊員一名死亡との報道もありますがあくまで戦死ではなく追い詰められたから個人の名誉を重んじて「自殺」したとされてます
(追記しますと反乱軍に囲まれ空爆要請で反乱軍もろごと道連れにした隊員が一人いたようです
自分ごとぶっ飛ばせと自分の身を省みない英雄的行為だとの公式発表がなされてますが本部に見捨てられて空爆に巻き込まれた可能性あり
ロシア兵全体ではシリアで6名死亡)
実際に自殺したかはともかくロシア軍は都合の悪いことは自殺で片付けますから何とも闇が深い話です
空爆自体は今後も続行するようですが問題が顕著になってきたのがトルコとの摩擦
先月はトルコ兵3人を誤爆でロシアは殺してますから仲は元々あんまり良くないですが最近は非常に険悪になってますので今後の情勢に関わってくるかもしれません

以上おしまい
(画像に問題があれば、削除いたします)
  


Posted by ゾンビハンター at 23:46Comments(0)ロシア

2017年02月11日

隠れた名作 Stalingrad(2013)について

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回は特に銃器解説という形はとりませんが、ロシア映画についてですね


まず初めにこの映画はスターリングラード攻防戦を題材にしてますが、同じくスターリングラード攻防戦を題材にした傑作スターリングラードのリメイクや続編ではありません

ややこしいですが、こっちもかなり名作ですね
映画の特徴としてはまず無駄に金をかけていること
日本円で6億円相当のセットやVFXを投入
非常にリアルです
(話の展開やソ連兵を除いて)
ハインケル He111が撃墜されるシーンなど本当によく出来てます


銃器に関してもPPSHやMP38などを乱射しまくりますので見応えあり


映画の欠点というか悪目立ちしすぎているのがソ連邦兵武双
火だるまになろうが、弾薬がなくなろうが、ドイツ人に突っ込んで暴れまくります
政治将校いらずの勇猛さには恐れ入りますね



たいしてドイツ人は火だるまになるわ、かませ犬としてボコボコにされるわと少し可哀想になりました


総評としては狙撃合戦の本家とは違い、がっつり市街地戦が盛り込まれていますのでオススメです
日本では、映画館スルーされてますがビデオなどは購入できます
Sabaton の Stalingradと合わせて聞いて見るのがオススメですね

(画像に関しましてはPV画像やThe Internet Movie Firearms Database (IMFDb) を使用しています
画像に問題があれば早急に削除いたします)

  


Posted by ゾンビハンター at 17:59Comments(0)オススメ作品紹介ロシア

2017年02月06日

シリアに展開中のロシア軍特殊部隊とシリアの現状について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はシリアの現状についてですね


シリアの現状としましては日本の記事なんかでもちょこっとだけ掲載されてますが、政府軍の快進撃により首都アレッポ付近の反乱軍は弱体化
12月16日にはアレッポが政府軍によって制圧され、30日年末には米抜きの停戦がトルコ、ロシアの仲介により実現
現在散発的な衝突はあるものの、沈静化に向かっている状態です
まぁ正直な話、ロシアが政府軍に肩入れした割には米国側がシリア自由軍を「見捨てた」ということがよく言われてますね

今回ロシア軍がメインということで、まずは特殊部隊から
小言ですが最近のロシア特殊部隊はヘルメットもK6みたいなバイザー付きのを被らないので残念
この重厚はなかなか出せない味です



話を戻しまして今回反政府軍相手にSSOが投入されたようです
あくまで海外フォーラムの噂ですが


この画像は露特か怪しいですがなにやら画像の後ろに見覚えのある筆体のロゴが入った例の車(すっとぼけ)がありますがロシア軍はつかっていたのかいないのかが気になります
多分この人たちはシリア軍の特殊部隊なんでしょうけど


戦闘が小規模化するにつれてもロシア軍は空爆を嫌というほどしていましたからアレッポ市内はボロボロ
というわけでロシア軍から治安維持のためMPと、地雷除去のため工兵部隊が投入されます
憲兵ご一行


地雷除去は、IED捜索のため犬と探知機を使って捜索
結構犬も頭数揃えて連れて来たようですね




ロシア国内のAnnanewsにもロシア兵が登場
ウクライナに突如出没したロシア兵似の礼儀正しい人とは違い顔出しでニュースに出てます



結構武器も押収したようでまとめて処分した様子




住民に食料なども振る舞ったりしてますが空爆したのはロシア軍と政府軍なので住民の方の心境としては複雑でしょうね
アメリカとしてはロシアにある意味負けたという訳ですが、難民などはトランプさんがダメという方針ですしこれからどうなるのか注目です
参考文献
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170205/k10010865381000.html

(画像に問題があれば、削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 23:04Comments(0)ロシア

2017年01月15日

ロシア軍における丸太の使い方について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はみんな丸太を持ったな!ということでロシア軍の木工製品関連のネタです


まず始めにロシア軍がたまに公開訓練時にやる木机持ち上げ



顎と腰の力だけで机を持ち上げるというスーパースラブ人ぶり
サバゲーの合間の余興にこれをしたら間違いなく人気者になれるでしょう(笑)
なぜ持ち上げるのが机なのかは不明

次にロシアの新型兵器(大嘘) 丸太バズーカ
光学スコープっぽいものがついている割と凝った作り

これは兵士がネタで作ったものではなく懲罰用のものです
丸太で作った銃?を持たされるのは兵士としてはこの上ない屈辱ですね

他には丸太で作った剣を帯剣する画像もあったりします
やたらと手先が器用です


お次は丸太と苔の塊に偽装したTー72
苔はともかく丸太が横に伸びていたら目立つと思いますがそこのところはどうなんでしょうか?


いろいろ紹介しましたが、一番おそロシアなのは丸太を軽々と持ち上がるロシア人自身なのかもしれません…


(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 23:12Comments(0)ロシア