2017年02月19日

謎多きCIA SAD Dave "Dawson" Tysonさんについて

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はCIA関係の続きということで結構あやふやな所もありますがお送りしたいと思います
一部衝撃的な画像を含みますので注意


前回はマイクさんが戦死された所で記事を切ったので事の顛末を書き連ねると、マイクさんが命がけで捕虜の気を引いているうちに同じくCIA SADとデイブ氏はドイツARDのテレビクルーと共に安全な所まで脱出
慌てて出てきたためテレビクルーの衛星電話でウズベキスタンの大使館へ救援を要請


米国中央軍司令部の指令を受け、すぐさまSBSやグリーンベレー、デルタが到着




よく言われているのがサングラスかけた人がCIA、シュマグで顔隠しているのがSBS、顔丸出しなのが米特とされてます


CIAと思われる連絡員はかなりテレビクルーに対して高圧的に迫ったようで映像を取らないように脅してます
結局の所テレビクルーのジャーナリスト魂が上回って後世に記録が残ってるわけなんですが



この人の装備はジャケットはノーズフェイス
チェストリグは56式でしょうか?
靴は画像荒いですがメレルのような感じがします
CIAと言えば、カミース着てリュックサック背負っている感じがしますが必ずしもそうではないようです


捕虜制圧のために米特に負けじと北部同盟軍もT55など戦車を投入
(ちなみにこの戦車米軍の誤爆にあい、あっさり撃破されたという噂がありますが実際にそれらしき戦車が戦闘後に見受けられますので案外本当のことなのかもしれません)


米国側は精鋭揃いとはいえ数で劣るため攻撃自体は主に空爆がメインで3つにわかれて(CAS-1、2、3)JDAMやガンシップで民兵を集中攻撃
対してタリバンはせいぜい関の山がRPG7でろくに対空兵器を持っているわけでもなく高高度から高速で攻撃してくる航空機にはなすすべなくほぼ一方的に圧倒されます
翌日には民兵たちも大人しくなり、マイクさんの遺体が回収されます
(死体にブービートラップが仕掛けられていたという話もあります)
しかし100名程度のタリバンが地下に籠もり徹底抗戦の構えを見せます
地下は空爆しても効果が薄いためガソリンを蒔き、火攻めを決行しますが尚も抵抗を続けたそうです
11月28日には、ドスダム将軍が降伏を促すも尚も抵抗を続けたため、農業用の灌漑用水を流し込み水責めを行ったところ、さすがにタリバンも降伏
結局生き残ったのは80人程度とほとんどの捕虜は屍を晒すことになりました


ここで問題になるのがCIAの捕虜に対する扱いが適切だったのかということ
実際は降伏していたのに殺してしまったのではないかということがよく言われてます
生き残った捕虜の中には戦闘には参加しなかったという証言もある上捕虜の多くは手首を縛られたままだった噂などもあるため、体のよい捕虜虐殺だったのかではないかという話もありこの事件がマザーリシャリーフの大虐殺とも言われる所以になってます

肝心のデイブ氏は掃討作戦に参加せず、そのまま消息が分からなくなってますが、彼の経歴に関しては死亡してないためCIAから情報公開がされておらず謎が多い人物ですね
ただ私の調べ方が悪いだけなのかもしれませんが(笑)


というわけでおしまい
(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 23:29Comments(0)CIA初期アフ

2017年02月10日

元海兵隊のCIA SAD Johnny Micheal "Mike" Spannさんについて

こんばんは 
ゾンビハンターでございます
今回も続けて初期アフのCIA関係についてですね


今回取り上げるのは、画像右奥の方
故Johnny Micheal "Mike" Spannさんについてです
ただしこちらの方は再現番組でMikeさんを演じられた方なので別人です
本人は黒髪ですのであしからず


経歴としては、アラバマ州ウィンフィールド生まれ
大学卒業後、海兵隊に入隊
沖縄など海兵隊基地を転々とし、1999年にCIAに入局
以後SADとして活動
特に細かい経歴までは公開されてませんがNALT(北部アフガニスタン連絡チーム) ジョーブレイカーの一員だった可能性あり
9.11以降は、アフガニスタンのタリバン狩りに従事

そして2001年クンドゥーズ包囲により多くのタリバン兵が降伏
パキスタン人など幹部ではない外国人義勇兵ばかりでしたが2000人前後が捕虜に
ただし人道的な扱いしようにも食料はない上、捕虜を連れたままだと行軍に支障をきたすと考えた当時将軍だったラシッド・ドスタム氏がQala-I-Jangi(現地語で戦争の要塞)に捕虜600人前後の輸送を命令
ただし見張りは十数人程度
要塞といってもただの土作りの拠点と仮設刑務所としてはかなり粗末なものでした
武装解除もろくにされず、一部タリバン兵士は降伏を認めず北部同盟兵士を巻き添えにして自爆する、一部報道によればタリバン兵士が普通に拠点を出たり入ったり外出を繰り返していたなど警備体制も粗末としかいいようがない状況だったようです
そして、11月25日 捕虜を尋問するためCIAオフィサーのデイブ氏とマイク氏が訪問
訪問に呼応するかのように捕虜たちが蜂起
蜂起する前とされている実際の画像


蜂起した理由に関しては諸説ありますが、米国人であるCIAオフィサーを見て激昂した
そもそも降伏は偽装でトロイの木馬だったなどいろいろありますが蜂起したのは紛れもない事実です
マイク氏の行動にも諸説ありますが、他の民間人を庇ってAKで応戦し弾薬がなくなりまで撃ち続けて、グロック17で捕虜を数人倒した後激昂した捕虜たちに殴る蹴るなどの暴行を加えられ死亡したのが通説
享年35歳
死後はインテリジェンススターを受賞
故郷のアラバマ州のハイウェイ129号線に彼の名前がつけられました
暴動の詳細については、デイブ氏の記事でまとめます

(画像に問題があれば削除いたします)

  


Posted by ゾンビハンター at 22:56Comments(0)CIA初期アフ

2017年02月10日

初期アフ時代のイギリス特殊部隊について

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回は初期アフといえば、グリーンベレーという感じですがSBSなど英特関係のお話です


まず服装なんかから行きますと、アンノウンオペレーターという感じですね






コスプレするのであれば、コンバットスモックやDPMパンツなどでイギリスらしさを出すのが大事ですね
ECMバックパックも結構背負ってますのでサバゲーで邪魔になると思いますが背負ってみるのもアリ



後は偵察任務が多いので一眼レフなどを携行すれば雰囲気アップ


米特と違う所は、英国紳士らしくもじゃもじゃヒゲじゃない
パコールはあんまり被ってないことですかね

英特の中でも特にSBSがメディア嫌いのためあんまりミリフォトなんかも米特に比べると残りにくい英特ですが有名な写真は2001年のカライジャンギ要塞(刑務所)暴動事件ですね
これはCIA関係でまた記事にしますが、捕虜がAKやらRPGで武装して北部同盟の守備兵とCIAオフィサーを殺したという事件です
600人の捕虜が蜂起し、たいして守備隊は国連職員やテレビクルー合わせて二十人いなかったと言われる事件ですが、蜂起の知らせを聞き、SBS(SAS)が国連職員に偽装し集結
そこをたまたまドイツ人テレビクルーが写真や映像をとったため大量に資料が残ってます
ランドローバーで乗り付けたSASと思われる隊員たち


顔を隠しているためSBSと思われる隊員




英特はL85使ってないためプライマリはL119A1
なかなかトイガンの完全再現は難しいためコスプレするに当たってネックですね



まとめですが初期アフ人気により、ナイトカモパーカーなど米軍初期アフアイテムが高騰してますので安く装備が揃えられるという利点がなくなってきてるんですよねぇ
敢えて英特もやるのもいいかと思いますよ
装備も安上がりですし(トイガン除く)

おまけ
日本車の影が英特にも…



(画像に問題があれば、削除いたします)
  


Posted by ゾンビハンター at 12:37Comments(0)初期アフ

2017年02月08日

伝説の初期アフおじさん Billy Waughさんについて

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回はなんとなく初期アフ話がしたくなったのでタグの整理と超有名人についてですね
(経歴など別人の可能性あり
気休め程度にご覧ください)
初期アフで過去記事まとめましたので興味ある方は併せてご覧ください


初期アフを語る上で必ず出てくるこのおじさん
私の記事ではお菓子あげるおじさんとして登場してますが愛称ボーンズとして知られてます
本名としてはBilly Waugh さん

1929年12月1日、テキサス州バストロップ生まれ
生粋のカウボーイです
この時代といえば、第二次大戦が始まる暗黒時代ですが、ビリー少年はすくすく成長していきました
第二次大戦勃発時には、15才の青年でしたが年齢を偽り海兵隊に入隊することを画策
子供の頃から愛国心溢れ、のちにグリーンベレーになります
(ちなみにこの時身分証明書不携帯のため捕まりかけ、第二次大戦には参戦してません)

第二次大戦終結後1948年、正式に米軍の一兵士として入隊
韓国駐屯の第187空挺連隊戦闘チーム(RCT)に参加
しかし朝鮮戦争が勃発
韓国防衛のためすぐに朝鮮戦争に参戦

朝鮮戦争停戦後、グリーンベレーに志願
1954年にヨーロッパ担当の10thSFGに配属
ドイツに駐屯
またまた戦争の影が強まり、今度はベトナム戦争が勃発
グリーンベレーとして1961年にベトナム入り
訓練教官として民兵を訓練
1965年、ベトナム戦争の泥沼化が囁かれるころ、ビンディン州の北ベトナム軍野営地を強襲
しかし中国正規軍がNVAに参戦していたため、野営地に駐屯しており蜂の巣をつついた形に
指揮下の部隊は壊滅し自身も意識不明の重体を負い、本国に送還
この時の活躍によりシルバースター勲章授与
回復後5thSFGに配属替え
MACV-SOGとしてカンボジアや南ベトナム軍を支援
1970年、当時実用化されたばかりのHALO降下を実施
1971年、HALO降下による特殊偵察作戦に参加
実戦でNVA支配地域に秘密裏に降下
今では結構当たり前なHALO降下ですがこの時代があったからこそ有用性が証明されてます
1972年前線から撤退

ベトナム戦争が終結するにつれ、今度は冷戦が勃発
CIAのために活動することに
1978年リビアで活動中に武器の不正売買で捕まりかける
1980年頃 マーシャル諸島でミサイル機密情報を盗もうとするソ連工作員と水際の攻防を繰り広げる

ソ連邦が瀕死、崩壊したことによりアメリカの敵は国家ではなく個人のテロリストに
カルロスハンコックなどテロリスト狩りに従事
この話は洋書ですがノンフィクションとして本が出されてますので興味のある方はどうぞ
https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://www.amazon.com/Hunting-Jackal-Soldiers-Frontlines-Terrorism/dp/0060564105&ved=0ahUKEwiy1uvc4__RAhXLmpQKHZgBAmEQFghFMAs&usg=AFQjCNEGp2pb_1bSAlQ_Mi-mnQyT-LIhGA&sig2=G0R7OOj9Q7FCgg_d4s1H6Q

そして2000年代、本題に入りますが初期アフ時代が到来
言い方悪いですが、CIAが餌付けしたテロリストと戦うことに
この時ビリーさん御年71才
超有名グリーンベレー集団 ODA961に混ざって活動


馬に乗ってテキサスっ子ぶりを見せつけます




一応彼もCIAオフィサーなんですが、かなりミリフォトが残ってます
本出している時点で匿名性はないんですけどね


どうでもいいですが私の乗馬が似合うグリーンベレー隊員No.1です
MGSVのスネークといい乗馬が似合うおっさんは本当サイコーですね



北部同盟と共にタリバンを打倒した後は、特に消息は聞きませんが現在もご存命中のようです
ということでおしまい
最近はただの終末装備愛好家のブログのくせに米特関係のアクセスが多いですね(笑)
まぁ人の為になれば良いので気になる方はこれからもよろしくお願いいたします


追記
コメントいただきましたが、経歴などは他のBillyさん William "Billy" Waugh氏のものかもしれません
同時期にODA594に映っているご老人はWillam Billy氏のようですが、同一人物であるかは疑わしいため赤の他人ということもあり得ます


Billy Waugh氏と思われる初期アフおじさんの詳細については再度念入りに調べますがどうも同一視されているようなので真相は分からないのかもしれません
ご指摘感謝いたします


(記事の内容は一部間違いがあるかもしれません
画像に問題があれば、削除いたします)

  


Posted by ゾンビハンター at 15:09Comments(3)CIAグリーンベレー初期アフ

2016年10月02日

ゲームキャラクターになった初期アフおじさん Jason Amerineさんについて

今回はアフガニスタンを戦い抜いたJason Amerine中佐についてです

1971年ハワイ州 ホノルル生まれ
士官学校であるウエストポイントを卒業後パシュトゥーン民兵リーダー カルザイさんを支援するためODA574を指揮

お馴染みトヨタ車に乗ってカルザイ軍とともにカンダハルを攻めます
彼のチームはTexas One-Twoとも知られ有名なチームです

(後列のブーニーハットをかぶった人です)

しかしアルガンガープ川の近くを進軍中に空軍が誤爆し2000LbのJ-DAMが直撃
隊員が数名死亡し残った民兵も士気が下がり部隊は崩壊寸前まで追い込まれますがなんとか他の部隊の支援を得て任務は達成し功績が認められブロンズスターやパープルハートなどを授与されます

爆撃で負ったケガを直して2004年からテキサスA&M大学で社会科科学の国際関係の助教授
アラビア語の助教授の助手としても教鞭をとっています
ゲーム関係はAmerica's Armyに彼が出てきます
このゲームは新兵リクルートのために作られなんと税金で運用されておりタダでプレイ可能です
そのほか彼のフィギュアも販売されてます


2015年に米軍の人質救出作戦の実態をFBIに告発し9ヶ月の調査を受けます
一部機密情報も喋ったため国防総省などが激怒しますが同年名誉除隊して現在は静かに暮らしています

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 02:23Comments(0)グリーンベレー初期アフ

2016年09月24日

初期アフおじさん御用達のお菓子について

こんばんは ゾンビハンターでございます
今回は文字通り飴と鞭を使い分けるODA961のおじさんたちの最終兵器 お菓子です


よく映画などでチョコレートを子供にあげて親睦を深めるシーンがありますが初期アフおじさんもよくこの手を使います
よく誉めてご褒美をあげれば能力が伸びるとか言いますし民兵にも当てはまるのかも知れません
この人は未知のお菓子をつかみ取りするあたりどっぷり策にはまっているんでしょうね(笑)


大変珍しいことに2箱常備してます
しかも1kgの奴ですね(笑)
やはりそれだけ頼りになると言うことでしょうか
本題に入りますとカラフル(いかにも体に悪そうな)な方はtear jerkersガムボール
tear jerkersはお涙ちょうだいという意味で酸っぱいガムボールです 
酸っぱいものが好きなアメリカの子供には人気ですね
赤いfalloutに出てきそうな物騒なものはAtomic Fireballs
ずはりシナモンの塊です
名前からして凶悪な代物で常人はまともに食べられません
刺激を求める方には大人気であり多分bonesさんの好物なんでしょう
日本ではあんまり見かけませんがお菓子専門店やアメリカ雑貨などを置いている所はあるかもしれません

おまけ


グリーンベレー隊員はアフガニスタンの文化に溶け込むような生活をして住人の信頼を得るはず…なんですがODA961はアメリカンな生活をしてました
山盛りのフライドポテト、肉肉しいステーキ
これぞアメリカの食卓という感じですね
特殊部隊は訓練中は直立不動でまずい残飯のようなものを食べるので反動で普段は豪勢なものを食べたいんでしょう  
これだけ食べると胃がもたれそうですが…

(画像に問題があれば削除いたします)
  


Posted by ゾンビハンター at 00:00Comments(1)グリーンベレー初期アフ

2016年09月09日

東京在住の初期アフ関係者 Kirk Spitzerさんについて

こんにちは ゾンビハンターでございます
今回はグリーンベレー隊員の方ではありませんがとても重要な役目を果たした方についてです
Kirk Spitzerさんは湾岸戦争、アフガニスタン戦争、イラク戦争に従軍された従軍記者さんです

(画像右の方です)

ODA585に追従



アフガニスタン戦争の真実を伝えた他貴重なミリフォトや映像を残した立役者です
ちなみに奥さんは日本人であるNHK従軍記者 今泉浩美さんです
従軍日誌―イラク戦争・兵士と過ごした36日という本も出されています

現在も東京を拠点にジャーナリストとしてお仕事されています
日本外国特派員協会の会見などにも顔を出されてますのでニュースで見かけることもあるかもしれません

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 13:21Comments(0)グリーンベレー初期アフ

2016年09月07日

グリーンベレー隊員 Jefferson Donald Davisさんについて

こんばんは ゾンビハンターでございます
今回はいわゆる初期アフ時代に活躍したグリーンベレー隊員についてです


JDさんはアメリカ陸軍 第3 大隊 第5特殊部隊グループ ODA574に参加しアフガニスタン現地民との交流に力を入れてました
有名な集合写真ではカルザイさんの手前のオークリーのキャップをかぶっている方です


この帽子はよく被っていたようです



精力的に活動されていたようですが不屈の自由作戦中にタリバンの銃弾に倒れ帰らぬ人となりました
そのためカルザイさんのアフガニスタン政府も見ることもなくさぞ無念なことだったと思われます
今は天国でアフガニスタンを見守っているはずです
(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 21:34Comments(0)グリーンベレー初期アフ