2017年03月28日

最新LE映画 Patriots Dayについて

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回はアメポリネタですね


1 Patriots Dayについて
題材となったのは、ボストンマラソン爆破事件ですね
映画化もいろいろ計画予定ですが、日本じゃマイナーな事件なのが悲しいですね…
私の記事でも取り上げてますが警察の総力を上げた捜査により約102時間で解決した事件です
事件の詳細なんかは別記事があるので気になる方はどうぞ

まず主人公についてですが、ボストン市警察殺人課刑事のトミーを最近映画に引っ張り蛸のマークさんが演じます


とくに凄腕警官という設定ではないですが、彼がテロに立ち向かっていくのが主なストーリーですね
まぁアクション物ではないのでばんばん銃撃戦もないですが、目立つのがグロック17
老警官 ジェフリーなども持ってますがシンプルながら最高に格好いいです!
3rdモデルやっぱりいいですねぇ~


また別の見所としてはSWATやFBI HRTも登場するということですね



HRTが登場するのは珍しいので気になりますね


というわけで短めですが、おしまい
6月公開なので、LE好きな方は是非どうぞ!

(画像に問題があれば、削除します)  


Posted by ゾンビハンター at 12:37Comments(0)オススメ作品紹介

2017年03月25日

キングコング 髑髏島の巨神の銃器解説について

おはようございます
ゾンビハンターでございます
今回は最新作 髑髏島の巨神についてですね
この記事に関しましてはナムい銃器たちについて紹介します


1 モーゼルC96


冒頭のゼロ戦パイロット グンペイ イカリがなぜか持っている銃器です
モ式大型拳銃としての登場ですかね
撃とうとしたらジャムったので殴り合いに移行してます
ちなみにゲンペイ(グンペイ?)は有名な横井軍平さんから
イカリはエヴァンゲリオンのあの人からの引用だそうです

2 M60


ヒューイに搭載されている豚ちゃんです
キングコング遭遇時には戦闘体制を取り、キングコングを囲んでバリバリ撃ちまくり、ヒューイ墜落以後は取り外して持っています


3 木


ゴジラのようにキングコングは火を噴いたり、放射線で攻撃することはありませんが木を飛ばしてきます
密集形態をとっていたとはいえ飛んでいるヒューイを一撃で撃ち落とすなど凄まじい精度ですね(笑)
パッカード大佐率いる騎兵隊のうちFOX3、8をあっさり撃墜しています

4 M134 ミニガン


ヒューイが搭載しているミニガンです
キングコングはゴジラほど、堅くはないので普通に利いてます

5 コルト M1902


パッカード大佐が使うハンドガンですが、謎チョイスですね
M1911も登場しているのになぜコレを持ち歩いているのかさっぱり分かりません
作中ではクモの大型生物相手にトドメを刺しています

6  M16



元SASの主人公 コンラッドなどが持っているナム戦を代表する銃器ですね
円筒ではなく三角
三又ハイダーなどレトロな感じがたまらないです
巨大生物相手にはあまり利いてないですが、やっぱり格好いいですね

7 AK47



ナム戦帰りのコールがベトコンの鹵獲品として持っているAKです
彼のみAKを愛用してますが、巨大生物相手にもそれなりに利いてます

8 M14


パッカード大佐が持っているウッドストックが美しいライフルですね
変な鳥を撃ち落としているほか、コングを殺すと意気込んでます

9 M2重機関銃


コングの墓場でパッカードの命令により、設置された重機関銃です
ジャングルで持ち運ぶには重かったはずですが…たいして活躍しません

10 M9火炎放射器
[

ベトナム戦争中に使われてた火炎放射器ですね
スカルクローラー相手に放射しますが、あっさりやられます

11 M28手榴弾


コールがスカルクローラー相手に取り出したナム戦時代の手榴弾ですね
彼はM79も背負っているのになぜか使わず自爆しようとしますが最後はあっけなく散ります
ベトナム戦争終結により、ベトナムから撤退一日前の兵士たちが髑髏島に連れてこられたのですが、本当に可哀想なくらい次々死んでしまいます

12 フレアガン


ウィーバーがラストで使うフレアガンですね
人間間の連絡に使ったりと大活躍します

というわけでおしまい
出来映えとしては普通に良作です
シンゴジラのようなモンスターの進化はないですがモンスター映画の基本をしっかり抑えたストーリーは見ていて気持ちよいです

(画像に問題があれば、削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 14:30Comments(0)オススメ作品紹介

2017年03月15日

沖縄戦を描いたハクソーリッジについて

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回は海外ではすでに公開された新作映画についてです


1 ハクソーリッジの由来について
沖縄 浦添城址の南東にある前田高地の崖に対して付けられた名称です
作中では糸鋸の名の通り断面が綺麗な崖ですが本当はそうでもない崖ですね

現在では地形の変形により現存していません

2 主人公について
今作はデズモンド・ドスさんの実話に基づいた映画になっています
彼はセブンスデー・アドベンチスト教会の信仰を基づいて兵役を拒否し衛生兵に志願した有名なConscientious objectorです
沖縄戦にて75名を救出し名誉勲章を見事もらってます
彼を演じたのはガーフィールドさん
アメイジングスパイダーマンで有名な方ですね
御本人とそっくりというわけではないですが演技力は確かです


3 ロケ地について
今作はメルギブソンさんが監督してますので彼の故郷であるオーストラリアで大まかなロケが行われました
沖縄ではされてません
沖縄の戦争で荒れた感じを出すために実際に500ヘクタール分の木を伐採してますが環境保護団体の抗議もあり撮影後一部木を植え直したようです

4  戦闘の描写について
ストーリーやキャラクター、銃器については日本公開に近づいたら書きますが総評としてはパシフィックとはまた違った良さがありますね
映画らしい演出も多いですが基本的には衛生兵が主人公のため生々しいです
例えればプライベートライアンのウェイド衛生兵が死ぬシーンのように痛そうでエグいシーンが多くグロ描写もブレイブハートのメルギブソンさんですから心に来ます
日本兵の方は日本人で構成されており米軍を奇襲するシーンは戦争映画に出慣れたメルさん流石の出来映えです


作品自体は米兵無双というほどでもないですが日本兵の捕虜が投げた97式を蹴り返すシーンはカンフー映画みたいだしスミッティが文字通り肉の盾とBAR構えての突進シーンは悪目立ちしてますね
こういう演出は嫌いではないですが。



というわけでおしまい
日本ではなぜか2017年6月公開ですがDVDなどは出回ってますので気になる方はどうぞ

(画像に問題があれば削除いたします)
  


Posted by ゾンビハンター at 00:02Comments(1)オススメ作品紹介

2017年03月04日

闇に生き、光に奉仕するアサシンクリード実写版について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回は新作映画アサシンクリードについてですね


1 アサシンクリードとは?
UBI制作のステルスアクションゲームになります
主人公は基本的にアサシン教団のアサシンを操作して歴史の影で暗躍するテンプル騎士団相手に戦うゲームです
他に類を見ない独特の世界観や最近は銃器も登場してますのでなかなか見所のあるシリーズですね

2 ストーリー
モロネタバレなので注意ですが始めに主人公の祖先 アギラールがアサシンになるところから始まります
(アサシンブレードが改良される前なので指を切り落として一人前のアサシンと認められます)
そして主人公リンチの幼少期の回想が始まり、アサシンの宿命が彼に課せられます
そして舞台は現代に戻り刑務所に入っているカラム
死刑執行されるにも関わらず神にすがろうとはしません


そして薬物による死刑執行が行われ死んだかと思われましたが…目が覚めるとまだ生きておりアブスターゴ社の施設に捕まっていました
シリーズファンには分かりますがアブスターゴ社はテンプル騎士団の隠れ蓑
アブスターゴ社の特殊な機械 アムニスを使えばリンチのDNAに眠っている祖先の記憶を追体験することが出来、テンプル騎士団が探し続けているアーティファクト「エデンの果実」を見つけようとします
(なんだかんだ言って原作でもよく出てくる割には謎が多い物体ですが、人の反逆の起源があるとされ手に入れれば暴力を根絶するほか人の自由意志、反抗や抗議の意志すら奪うことができるオーパーツとされてます
イリミナリティとして世界を支配しようとするテンプル騎士団にはのどから手がでるほど必要なものです)

そのためリンチは半ば強制的に祖先であるアギラールが生きた15世紀スペイン レコンキスタという熱病が渦巻く暗黒時代に意識を飛ばされます
マリアというアサシンと共にスルタンが守っているエデンの果実をテンプル騎士団を渡るのを防ぐアギラール


現代ではテンプル騎士団の長老会にアムニス計画を中止にするぞと脅されたアブスターゴ社CEOアラム・リッキン博士が焦り無理にリンチを過去へ送り込みます

スペインに戻ってテンプル騎士団に阻まれ処刑寸前にまで追い込まれたアサシン教団

なんとか逃げ出すも二人しか生き残らず全滅寸前

現代に話が戻りリンチ以外のアサシン教団の末裔は反乱を計画
施設の中で父で出会ったリンチはアサシン教団のために自発的にアムニスへ
アギラールと完全にシンクロし、アサシンに目覚めます


他のアサシン教団のアサシンとともにテンプル騎士団の拠点である実際にロンドンにあるテンプルホールへ向かい…

3 アクション
この映画の描写は現代とスペイン半々くらいですが残念ながら銃器の類はまったくといっていいほど登場しません
私はガンフーみたいの少しは期待していたんですがね
アクションはキレキレで単純にアクション目当てで見に行っても損はありません
パルクールも原作同様で実際に38mスタントなしで飛んでます

4 原作との相違
まずアムニスの形が違います
原作はイスだったのにこの作品ではロボットアームになってます
この改変によりアクションは見栄えしたのですがこれにはUBI側も興味深々で逆輸入も考えているそうです
作中で出てくるアサシンはスペインのアサシン教団支部員、カリブ海のブードゥー教の毒殺暗殺者、おそらく中国人のアサシン シャオユンの子孫?などが登場
歴代アサシンたちは幻影という形で登場

We are Assassins…というセリフがグッときます
ストーリー自体は原作と絡んでませんが今後のシリーズとは絡んでくるのかもしれません

まとめとしてはシリーズファンには必ず見に行ったほうがいい作品です
イーグルダイブ、エアアサシン、アサシンブレードとシリーズファンにはニアリとできるシーンばかりですね
(画像に問題があれば、削除いたします)
  


Posted by ゾンビハンター at 19:34Comments(0)オススメ作品紹介

2017年02月15日

イングロリアスバスターズの銃器解説について

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回は主にナチスが使う銃器についてです
この手の映画にしては珍しくトンプソンやグリースガンなど米国銃器はあんまり登場しません

1 ワルサーP38


これぞドイツの銃器という感じのハンドガンですね
バーのシーンではシングルアクションで初弾を装填してます
ユダヤハンターとして知られるランダ大佐などが使用
(ちなみにランダ大佐は血盟勲章、古参闘士名誉章、黄金ナチ党員バッジなどを身につけているためかなり古参のナチ党員であることが分かります)

2 MP40


ドイツ軍が採用していた有名なサブマシンガンですね
SSや国防軍、今作ではバスターズの面々が大いに使用してます
個人的にはドイツ将校を不意打ちするシーンのスティグリッツの撃ち方が格好良すぎました

3 ワルサーPPK


ヒコックス中尉などが使用する小型ハンドガンです
机下のメキシカンスタンドオフでは激しく撃ち合います
同じ国の制服を着た人間がワルサーP38とPPKと同じドイツ銃器同士で撃ち合うのは皮肉なことですね
ちなみにヘルシュトローム少佐を撃つときのスティグリッツのセリフは
Say 'auf wiedersehen' to your Nazi balls!!
ナチス玉玉にお別れをいいな!!という意味です
カッコいいシーンですが実際の撮影シーンではかなりシュールな場面でした


4 Sedgley OSS .38 グローブピストル

第二次大戦時に暗殺目的で開発されていた超珍品です
弾は38スペシャル
扱い方は殴ってピストンを動かし発砲するという超豪快です
しかし殴るということはとても目立ちますので実際に運用されていたのかは不明
作中ではキノ作戦の際に武装親衛隊を殴ってます

5 Kar98k

国家の誇りというプロパガンダ映画でフレデリック・ツォラー国防軍一等兵が使用する火器です
ちなみに実際にこの映画は6分作品としてDVDに特典収録されてます
内容はひたすらアメリカ兵が撃たれて死ぬというものでつまらないのですが…しかしヒトラーなどはこの作品を大絶賛とたっぷり皮肉が含まれた映画です
(ちなみに実際のナチスドイツも映画関係に入れ込んでましたが戦争の辛さから民衆の目をそらすということから大衆向けの作品ばかり作ってます)

まとめとして映画の完成度としては非常に高い良作ですね
ユダヤハンターVSナチハンターという構造が分かりやすくていいですし、タランティーノ作品でも最高の収益を得てます
また登場人物が映画好きばかり出てきますが、最後は映画館で映画のせいで死ぬのがなんとも愉快でした

(画像に関しましてはPV画像やThe Internet Movie Firearms Database (IMFDb) を使用しています
画像に問題があれば早急に削除いたします)

  


Posted by ゾンビハンター at 14:09Comments(0)オススメ作品紹介

2017年02月15日

イングロリアスバスターズのキャスト陣と登場人物について

おはよーございます
ゾンビハンターでございます
今回はナチスドイツ相手に戦いを挑む米軍特殊部隊を描いた痛快タランティーノ監督作品についてです


1 イングロリアスバスターズ

対ナチスドイツを念頭に設立された特殊部隊です
潜入や奇襲を得意としてますがユダヤ系アメリカ人が多く在籍してます
基本的に腕が立つベテラン兵士ばかりですが多くが潜入する上で大切なドイツ語がしゃべられないため作戦自体もごり押しが多かった様子

レイン米陸軍中尉

バスターズの隊長です
俳優さんは皆さんご存知ブラピさん
祖先がアパッチ(本人談)のため各隊員にナチ100人の頭皮を剥ぐように命じます
頭が切れ、話術に優れており、ウィルヘルムを武装解除させるなど有能な人物です
ただしナチスへの憎悪は凄まじく、交渉しても
結果としてナチスは逃がしません

ドニー・ドノウィッツ軍曹

ユダヤの熊として登場する屈強な男性です
俳優さんはイーライロスさん
バットで情報提供を拒んだドイツ兵を撲殺します
(ちなみにバットは故郷の人からこれでナチ野郎をぶっ飛ばせと寄せ書きされてもらったものらしいです
本編では尺の都合上カット)

ヒューゴ・スティーグリッツ

ドイツ兵なのにナチ高級将校を惨殺した所バスターズに助けられます
俳優さんはティル・シュヴァイガーさん
ドイツ人のためドイツ語は問題なく喋れますが短気なためスパイであることがバレた時にはすぐに拳銃を構えてます

アーチ ヒコックス中尉

ドイツ語と映画の知識が堪能なことから召集されたイギリス人です
俳優さんは最近人気急上昇のファスベンダーさん
バスターズの貴重なドイツ語要員として活躍するかと思われますがドイツ人にスパイであることを見破られます

ナチスドイツ
時代背景が1944と終戦を迎えようとする中でも栄華を誇る第三帝国です
このころはまだフランスを維持していた頃ですね

ハンス ランダSS大佐

今作一番キャラが立っているナチスの将校です
最低でもフランス語、英語、ドイツ語、イタリア語は理解でき話せる様子
非常に頭が切れ、話術に優れるほかナチスドイツの敗北を予見し連合軍側に寝返ろうとします
俳優さんはクリストフさん
怪演とも言える情緒不安定な彼の行動や表情に必見ですね

ヘルシュトローム少佐

バーで会うことになるSS将校です
俳優さんはアウグストさん
彼も頭が冴え、些細な仕草からバスターズの面々がスパイであることを見抜いてます

映画の小ネタとしては特攻大作戦からオマージュを得ていること
札のキングコングはヒトラーが気に入っていた映画
各所に散りばめられた西部劇風の演出ですかね

次回銃器解説についてです

(画像に問題があれば削除いたします)

  


Posted by ゾンビハンター at 09:54Comments(0)オススメ作品紹介

2017年02月13日

隠れた名作 Triple 9について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はまたまたそこそこ佳作のTriple 9についてです
2016年の映画でジャンルとしてはアクション&犯罪スリラーですが一言でいえば、汚職警官物です


今回も銃器解説するほど気に入った作品ではないのでささっと簡略化しますが、主人公のクリスが持っているグロック19がなかなかかっこいいです


身につけているGショックも無骨でいい感じなんですが公営住宅捜索シーンでは盾を持って前進します
主人公の扱いとしては銃乱射してギャングバンバン倒していくのが個人的には当たり前だったので先頭とはいえ盾持ちはなかなか新鮮に感じました


敵はLa eMe風の裸ギャング軍団などが登場
ステレオなイメージですがギャングといえばムキムキマッチョな感じがしますが、体の線が細かったり太かったりとリアルに寄せてますね
全身入れ墨はやっぱり怖いです


敵のボス格 Termite(シロアリ)は金ぴかグロック17を使用
いかにも馬鹿っぽくてこういうチョイスは大好きです
ムキムキマッチョのイケメンである役者さんのカルロスさんにはもっと映画にでてほしいですね


そのほか元シールズの犯罪者役でリーダスさんなんかも登場


この映画の欠点としては登場人物が多すぎること
汚職警官グループ、警察、マフィアと三角関係な割には豪華俳優を起用しすぎて誰が主人公なのかもはや分かりません
豪華俳優を揃えた割にはタイトルは覆面で誰か誰なのか分からないとある意味とんでもない映画ですね(笑)


ストーリーとしてもドンデン返しもなくよくあるB級ポリスムービーですが暇つぶしにはオススメです

(画像に問題があれば削除いたします)

  


Posted by ゾンビハンター at 19:23Comments(0)オススメ作品紹介

2017年02月11日

隠れた名作 Stalingrad(2013)について

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回は特に銃器解説という形はとりませんが、ロシア映画についてですね


まず初めにこの映画はスターリングラード攻防戦を題材にしてますが、同じくスターリングラード攻防戦を題材にした傑作スターリングラードのリメイクや続編ではありません

ややこしいですが、こっちもかなり名作ですね
映画の特徴としてはまず無駄に金をかけていること
日本円で6億円相当のセットやVFXを投入
非常にリアルです
(話の展開やソ連兵を除いて)
ハインケル He111が撃墜されるシーンなど本当によく出来てます


銃器に関してもPPSHやMP38などを乱射しまくりますので見応えあり


映画の欠点というか悪目立ちしすぎているのがソ連邦兵武双
火だるまになろうが、弾薬がなくなろうが、ドイツ人に突っ込んで暴れまくります
政治将校いらずの勇猛さには恐れ入りますね



たいしてドイツ人は火だるまになるわ、かませ犬としてボコボコにされるわと少し可哀想になりました


総評としては狙撃合戦の本家とは違い、がっつり市街地戦が盛り込まれていますのでオススメです
日本では、映画館スルーされてますがビデオなどは購入できます
Sabaton の Stalingradと合わせて聞いて見るのがオススメですね

(画像に関しましてはPV画像やThe Internet Movie Firearms Database (IMFDb) を使用しています
画像に問題があれば早急に削除いたします)

  


Posted by ゾンビハンター at 17:59Comments(0)オススメ作品紹介ロシア

2016年12月31日

FURYのレトロな銃器解説と 装備解説について

今回はFURYの銃器と装備解説ということでささっと解説していきます


1 Stg44



ウォーダディ が終始使用する鹵獲兵器です
トンプソンやグリースガンなどもフューリー号内に備え付けてありますけど単純に気に入って使用していたようです

2 M1ガーランド


米軍主力ライフルですね
今作は戦車兵が主役なので、一般歩兵はあんまりでてこないですが存在感はありますね

3 M 1カービン

空挺兵がおもに使うカービンライフルです
クリントイーストウッド監督の息子、スコットイーストウッドさんが演じるミルズが使用

4 パンツァーファウスト



ヒトラーユーゲントやSS武装親衛隊が使用するシャーマンキラーです
専用木箱の記載からPanzerfaust 60モデルかと思われます
少年兵が使用してもシャーマン戦車一両を撃破可能
Faustpatroneの異名は伊達じゃないですね
実際には映画後半の随伴歩兵がいない脱帯したシャーマン戦車一両とパンツァーファウストを複数持った約300人のSS武装親衛隊が対峙すれば、あっさり撃破されてしまいますがそこは映画だからということで…

5 M1911A1


パンツァーファウストにより火達磨になったパーカー車長が自決する際に使用するハンドガンです
バイブルも使用

6 MG42


ナチス機関銃手が使う機関銃です
シャーマン戦車には効きませんが、戦車 の装甲にカンカン当たるシーンは見所あります

7 M3A1グリースガン


ノーマンやゴルドが使う戦車兵向けサブマシンガンです
狭い車内でも使いやすく、無骨なデザインもいい良サブマシンガンですね

8 kar98K

SS狙撃兵が使用するZF42スコープ搭載のボルトアクションライフルです

9  M24 Stielhandgranate


ナチスドイツが使用する俗にポテトスマッシャー
と呼ばれる手榴弾ですね
戦車内部に投げ込まれたら本来なら一溜まりもなく死体も無残でしょうが、そこも映画ということで…

10 M1917リボルバー

スイートハート・グリップが特徴的なリボルバーです
ドンがノーマンがドイツ兵を殺すように「教育」するシーンは迫力ありますね

装備について
装備自体はすべてSMW社から賄われたレプリカが使われてます
実物は保存状態が良いもの少ないですからね

ドンのみ初期型タンカースジャケットを着用
そのほかの搭乗員は普通のものを着用
上着の下は普通のウールシャツですね
戦車兵用ヘルメット はレプリカ見かけないですが実物も厚紙でできていますのでなんとかハンドメイドできるかも
装備の下の方はマスタードパンツ
ブーツはキャパルリーブーツを着用

というわけで記事 閉めますが2016年もいろいろ良い映画が見られて良かったなーと思います
2017年もWW1物のワンダーウーマン、ダンケブルクなどいろいろ気になるものがあるのでワクワクできそうです

(画像に関しましてはPV画像やThe Internet Movie Firearms Database (IMFDb) を使用しています
画像に問題があれば早急に削除いたします)




  


Posted by ゾンビハンター at 17:03Comments(0)オススメ作品紹介

2016年12月28日

FURYのキャスト陣と登場する兵器について

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回は傑作戦車映画 FURYについてです


1 キャスト陣と登場人物について
ブラピさんが演じる知的でドン・“ウォーダディー”・コリアー車長

役作りのため歯を抜き、ナイフで顔を傷つけ、風呂に入らなかったシャイアさんが演じるボイド・“バイブル”・スワン砲手
(余談ですが、男5人が戦車に乗り込むと中は臭かったそうで中でも風呂に入らなかったシャイアさんは俳優の中でも不評でした
彼自身の素行(飲酒、ドラッグ)の悪さから実写トランスフォーマーシリーズからは下ろされ、最近は映画にも出てません)

アル中のメキシコ系アメリカ人トリニ・“ゴルド”・ガルシア操縦手を演じたマイケルさんは実際に戦車が動かせるまで役作りに専念

ウォーキングデッドでおなじみ、ジョンさんは大恐慌で極貧生活を経験したお調子者 グレイディ・トラビス装填手

そして戦車に乗ったことのない新兵 ノーマン・エリソン副操縦手を演じたローガンさんなどユダヤ系が多めですが豪華キャスト陣が演じてます

兵器について
今作登場するFURY号は設定上はイージーエイト(M4E3A8)ですが、実際にはイギリス、ロシアに供給されたM4A2E8ですね
ボービントン戦車博物館から持ち出した実車もありますが基本的にはモックアップされた車両を使ってます


そのほかオールドピュリス号(M4A1)、ルーシーシー号(M4A2)なども登場

そして今作目玉である本物のタイガー131も登場
実際にイギリス軍に鹵獲されたTiger I Ausf. E型ですが他のスクラップになったタイガー戦車からのニコイチや80000ポンドもの修復費をかけたことにより現在、世界で唯一稼働可能なタイガー戦車になってます
作中でも88ミリ砲の威力は健在
その威力を食らった人体はミンチを通り越して霧散してますね


Pak 40なども登場してますがあんまり活躍しないですね

そんなわけで次回銃器と装備解説です

(画像に関しましてはPV画像やThe Internet Movie Firearms Database (IMFDb) を使用しています
画像に問題があれば早急に削除いたします)
  


Posted by ゾンビハンター at 13:29Comments(0)オススメ作品紹介