2016年10月17日

大激戦 クンドゥーズの戦いについて

こんばんは ゾンビハンターでございます
今回はアフガニスタンで起こったタリバンVS政府軍の長期戦闘についてです


戦闘の舞台となったのはそこそこ大きなアフガニスタン北部の都市 クンドゥーズ市
ここの地形は台地なので守りやすい所なのですがタリバンシンパも多くタリバン側としては攻めやすい面もあります
そのため勢力拡大のため大攻勢 アズムが始まり2015年の春から本格的に攻撃が行われます
戦力的には初期からアフガニスタン政府軍優勢なのですがアフガニスタン政府としては少しでも戦力が削られると支援してもらっている諸外国から叩かれるので地元の民兵中心に戦力は構築されてました
アフガニスタン政府は失業対策にパートタイマー警察官を雇っているので地元の政府派民兵集団を月収いくらで戦力に組み込んだわけです
PMCと同じで正規軍の戦力を削るわけではないためせこいですが賢いやり口ですね
そのためIDだけ持った制服も着てない民兵がうろついているのが画像で確認できます



対してタリバン側は人数はかなり劣ってますが戦闘なれした戦闘員なども多く戦った政府軍を痛めつけるという噂から士気の低い政府軍相手に快進撃
戦力的には三倍以上を相手にしているのにも関わらず9月28日に三方向から機動力を活かして前線を突破
市中心部を占拠します
(明らかに白人っぽいタリバンが混ざってます)



装備もマルチカムとおしゃれです


政府派民兵は迫撃砲の砲弾代などが政府から支払われないことなどを理由にあっさり撤退
残った政府軍守備隊もクンドゥーズ空港に撤退
翌日反抗作戦を行いますが逆に包囲されました
州知事はヨーロッパに亡命を図ろうとし即刻解任
アフガニスタン政府軍も黙っているはずもなく増援にANPや、アフガニスタン陸軍やANAコマ部隊を投入します



この時のANAコマンドはマルチカム迷彩などそれなりに良いものを着用してますがUCPやウッドランドを着た兵士もいるのがアフガニスタンらしいですね




トラック一杯の兵士800名の兵士を送り込みますが台地のため侵攻ルートが絞り込まれ地雷や待ち伏せで増援部隊は市内には入れませんでした
結局はアメリカ側からグリーンベレー、イギリスからSBSが派遣されることになります


10月始めから激しい市街地戦が展開されますます戦力的に不利なタリバンでしたが市内北部のバラ・ヒサール要塞に立てこもりながらゲリラ戦を開始
政府側民兵のふりをして奇襲をしたり奪った豊富な武器を使って籠城戦をします
敵味方入り乱れた戦闘だったためアメリカ空軍のJTACもほぼ無差別に爆撃
クンドゥーズ病院も爆撃され現地入りしていた国境なき医師団も死亡することになりました
現在ではなんとか行政機能は取り戻してますが小競り合いは続いています
州知事の逃亡や無差別爆撃などいろいろ問題が浮上した大規模戦闘についてでした

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 01:30Comments(0)アフガニスタン国軍

2016年10月16日

アフガニスタンの渋いおじさん azizullah karwan司令官について

今回はそこそこ有名なアフガニスタン人の特殊な方 azizullah karwanさんについてです

人種としてはタジク人のナイスガイです

所属としては現在はALP(Afghanistan Local Police)のQuick Reaction Force (QRF) 部隊指揮官です
400人程度の部下がいますが特殊部隊のような扱いです
前に紹介したお兄さん達もここ所属かと思われます
目がよい人はパッチに目がいくと思いますしANPじゃないか!と思うかもしれませんが写真が撮られた時期にはまだALPが発足してませんでしたしそもそもALPはANPの補助機関です
ところでALPはどんな仕事するかといいますとアフガニスタンに点在する村や街の治安を守る警察官ですね
平たくいえば自警団の延長上の存在で犯罪捜査などの権限はANPの方にあります

karwanさんが活動しているのはアフガニスタン南東部 パクティーカー州
アフガニスタンでも輪にかけて土田舎の辺境でありますが爆弾テロが相次ぐ危険地帯です
ここを攻撃するタリバンの多くはウルドゥー語などを話すためパキスタン出身であり警備も手薄な国境を超えてテロ活動を行っています
そのためALPはABP(Afghanistan Border Police)と共に積極的に国境付近でタリバン狩りもしているようですね
有名なタイガー迷彩も2014年ごろに着用してます
タリバンハンティングクラブのパッチをつけてますが捕虜はとるようです



精力的なALPの活躍もあり(渡航危険地帯ですが)州の安全は保たれており観光客は安全でいられると彼自らラジオなどで話してますがIEDで負傷したこともあります

また人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)からは他数名のアフガニスタン警察幹部や政治家とともに民間人の殺害、強姦などの戦争犯罪を追求されており最近のミリフォトでは見かけなくなりました

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 01:30Comments(0)アフガニスタン国軍

2016年10月08日

イカしたアフガニスタン特殊部隊について

今回はタイガーストライプにベースボールキャップを被ったイカした連中についてですね



今朝のvoodoo様のブログに加えていろんな方が取り上げられてますが私も取り上げてみます
http://mk1918.militaryblog.jp/e803522.html

とりあえずこの人たちか何人くらいの規模なのかをまずあげますと一つの写真で確認できるのは7人程度ですね

少なくとも分隊規模の人数はいるはず

皆さんキャップを被ってますがTANのひとはこれ


タイガーストライプの人はこの画像


ABU迷彩キャップ三兄弟は有名な画像にのってます


活動地域はアフガニスタン サリ ロザ地域をハンヴィーでうろついていたかと思われますが情報不足のため現在はどこにいるのか分かりません
任務としてはパトロールをしていたかと思われます
所属はANPかALP、APUのどれかでしょうね



たまにこの人は最近でも見かけることから現在は別々に米特に混ざって活動しているのかもしれません



(画像に問題があれば削除いたします)
  


Posted by ゾンビハンター at 00:23Comments(1)アフガニスタン国軍

2016年10月07日

パトロール中のグリーンベレーとアフガニスタン国軍について

こんにちは ゾンビハンターでございます
今回はアフガニスタンをパトロール中のグリーンベレー隊員とANA兵士についてです


パトロール隊はグリーンベレーとANAとANPで構成されております
握手を交わすアフガニスタン国軍兵士とグリーンベレー隊員


2012年の写真なので古いですが最近のアフガニスタン国軍とくらべると泥臭い感じがして最高ですね
グリーンベレー隊員より年上であろう古参兵士のRPKおじさん


若いANPとANA兵士


パトロールは村々を回るのですがグリーンベレーが使っているのは(訂正)川崎のTERYXです

元々軍用として開発されたわけではないのですが走破性などが評価されて特殊部隊でも採用されているみたいですね
日本でもATVなどは普通に買えますので自由にサバゲーで使えたらいいんですけどねぇ
簡単に爆発しないとはいえ40mmカートを頭上にかけてあるのがなんとも言えない感じです
元々軍用ではないので装甲や防弾ガラスも糞もないんですが固定武装として機関銃一門を搭載
これを走行中に発砲するというかよりはこのように使うようです


アフガニスタンの子供には珍しいため気に入ったのかみんな集まってますね


ノリがいいグリーンベレー隊員


以上お粗末様でした

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 11:16Comments(0)雑記アフガニスタン国軍