2016年09月30日

現代戦で使われるタクティカルトマホークについて

今回はナイフと銃の間を補完する近接武器 タクティカルトマホークについてです

まずはタクティカルトマホークの定義についてですがいまいち定まっていません
メーカーが思い思いに呼称するためバラバラですが下の画像のようなものでなく片手で扱える小型なものが一般的に呼称されます


斧は古来から戦の武器として好まれており現代戦でもベトナム戦争の頃はとても需要がありました
マチェット(マチューテ)とともにジャングルでの必須道具として米軍兵士に愛用されており森を切り開いて陣地を作るのに使用されました
(マチューテで枝を折るためにノコギリのように扱うのは刃が薄いため困難、斧で草を切り倒すのは大変とそれぞれ役割を補って使用されてます)
最近の主戦場は砂漠のため枝や草を切り倒す必要
はありませんがドアブリーチングや不発弾処理のためにピッケル代わりに穴を掘るのにも使用されているようです



特殊部隊での使用例はMOHのブードゥーおじさんが有名ですね

闇夜に紛れてこれで密かにタリバンを暗殺します
(潜入任務にわざわざ持ち歩くのは重いですしかさばりますが)
 斧は格闘術として確立しており文字通りヘルメットごとでも脳天をかち割ることが可能です  
投げ斧や投げナイフは競技としては確立してますがパフォーマンスの意味合いが強いです
FPSのように狙った所に必ずしも当たるとは限りませんしわざわざ武器を手放すのは得策とは言えません

柄の長さや重量バランスなど使い手の好みによってチョイスが異なるので使用例もバラバラなんですが米軍で多いのはRMJ Tacticalですかね
PJも使用してます

そのほかVTACやSOGなど他のメーカーもみうけられます

実銃メーカーがエアソフト向けに商品を提供することは良くあることですがナイフや斧を扱うメーカーはそういうことは行っていません 
(訓練用のものはありますが)
エアソフト用のレプリカも存在しませんし安全で安価なものが望まれますね

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 00:30Comments(0)ネタ

2016年09月29日

元グリーンベレーのCIA GRS David Bartlett Roten Jrさんについて

こんにちは ゾンビハンターでございます
今回は不正規作戦に参加し戦死したDavid Bartlett Roten Jrさんです
ミリフォトでもそこそこ有名な御仁かと思います


テネシー州メンフィス生まれ   
ヨーロッパ担当の10th SFGに所属 
グリーンベレー隊員としてアフガニスタンで戦うようになります
数々の功績を立て青銅勲章も貰っています 



2010年に名誉除隊してからはCIAに引き抜かれGRSとして働くようになります
主に護衛などをしていたと思われますが任務は一切不明
2014月11日27日に謎の戦死を遂げ死後はジョージア国立墓地に埋葬されています

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 13:00Comments(1)CIAグリーンベレー

2016年09月29日

不憫な迷彩AーTACSの使用例について

今回は世界中で見られるAーTACS迷彩の使用例まとめです
サバゲーでもそこそこユーザーがいる人気迷彩ですが使用例がいまいち知られていないのでまとめておきます

Digital Concealment Systems社によりAーTACS迷彩は開発されNIR(NEAR INFRARED TECHNOLOGY)処理により多少は赤外線をごまかせるため暗視装置対策もされてます
アメリカ軍の大口契約があればもっと人気が出たはず…なんですが結局はマルチカムに敗れ採用ならず
世界中に使用例が飛び散ることになります
使用例が多いのはAUとFGですがまず始めにアメリカではSWATが使ってますね
(市街地ではそれなりに目立ちそうですが)


海兵隊も私物でAUのダンプポーチを使っている方がいます


フランスでも海軍コマンドか空軍か忘れましたが使用されているようです 



ポーランドではまとまって使用例があります




サバゲーで使うにはプロッパーさんなどがオススメですね
一時期は新しい生地を使っていたこともあり高かったですが現在では値段は落ち着いてます
まぁ迷彩に関しても使用例がなかなか見つからないものがありますのでネタが集まり次第記事にしていきます
参考になれば幸いです

(画像に問題があれば削除いたします)
     


Posted by ゾンビハンター at 00:00Comments(0)ネタ

2016年09月28日

海軍EOD隊員 Christopher E. Moskoさんについて

今回はアフガニスタンにて戦死された海軍の爆弾処理のエキスパート、Christopher E. Moskoさんです


1983年11月18日に生まれサッカーを愛し大学はフィラデルフィアのドレクセル大学を卒業
その後はエリートしか入れない海軍兵学校に入学
2007年にはEODを志すようになります
2010年にはハイチの人道支援に参加
アフガニスタンではIED処理のため小隊を指揮しました



しかし2012年4月26日アフガニスタン南東のガズニー州にてIEDに引っかかり爆死
享年28才
ガズニー州は刑務所がありますがタリバンに襲撃されて脱獄囚が出るなど小競り合いが続いています

(画像に問題があれば削除いたします)
  


Posted by ゾンビハンター at 18:00Comments(0)EOD

2016年09月28日

化粧品を作ったMARSOC隊員 Nicholas Karnazeさんについて

今回は髭に関する化粧品を作ったMARSOC隊員 Nicholas Karnazeさんについてです
ミリフォトでも有名な方ですね


2000年に海軍士官学校に入学
2004年からMARSOCとして活動します


また記事にしますが友人のジャスティンさんが2012年に戦死
その後はアメリカ合衆国国際開発庁( United States Agency for International Development, USAID)の開発役員などをしてます 
ある時戦場で培われた感性なのか元々の才能なのかは分かりませんが変わったことに目をつけます
ジャスティンさんのお葬式の際にひげを伸ばしたのですがヒリヒリとかゆくてたまらなかったそうです
男なら誰しも感じることですね
そういう不快感を抑える化粧品がなかったことや立派なひげを持ちひげを伸ばすことが好きだったジャスティンさんの名誉のためにStubble & 'Stacheという化粧品を作ります
https://www.stubbleandstache.com/

アロエやカモミールなど肌に優しい植物由来の成分をふんだんに配合
不快感の軽減、シワなどの予防など様々な効能があります
純本国(アメリカ)産ということもあり品質も良質です 

本人も現役時代よりも髭を伸ばしています
やり手の実業家という感じでかっこいいですね
革新的なこともあってかメンズジャーナルグルーミング賞を受賞しています


化粧品の売り上げの一部はPTSDに苦しむ兵士の為に充てられます
髭で悩んでいる方はお一つ如何でしょうか?

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 00:30Comments(0)MARSOC

2016年09月25日

ゲイである元CIA GRS Brett Jonesさんについて

こんばんは ゾンビハンターでございます
今回は元CIA 元シールズのイケメンBrett Jonesさんについてです


経歴としては元SEALS Team8
2003年に引退するまでは10数年のキャリアがありました


引退後はCIAにGRSとして雇われます
有名な写真にもよく写ってますね

しかし彼自身の個性であり嗜好が悪影響をもたらします
彼はシールズ時代からゲイであり本人が認めています
シールズ時代はそこまで悪影響はなかったようなんですがGRSに入ってから苛められるようになります(人種もそうですが同性愛もアメリカでは嫌悪感をあらわにする人が非常に多いです) 
例えば一緒に車に乗りたくないからと置き去りにされたりコールサインがGay Guyなど
CIAにも苦情を訴えたのですが人権が守られる環境ではないので静観され背中を預ける同僚が信頼できないとあっては命に関わる問題なので現在は引退し一般のインストラクターとして講演会などをしてます
本も出してますよ
https://www.amazon.com/Pride-Story-First-Openly-Navy/dp/1457531070

GRS時代の特徴としてはデザートタイガーをよく着てますね
これは今でもお気に入りなのかユーチューバーとして活動する時でも着てます



以上現在はぽっちゃりした男性の方と息子と三人で暮らしている元GRSについてでした
(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 00:30Comments(0)CIAネイビーシールズ

2016年09月24日

初期アフおじさん御用達のお菓子について

こんばんは ゾンビハンターでございます
今回は文字通り飴と鞭を使い分けるODA961のおじさんたちの最終兵器 お菓子です


よく映画などでチョコレートを子供にあげて親睦を深めるシーンがありますが初期アフおじさんもよくこの手を使います
よく誉めてご褒美をあげれば能力が伸びるとか言いますし民兵にも当てはまるのかも知れません
この人は未知のお菓子をつかみ取りするあたりどっぷり策にはまっているんでしょうね(笑)


大変珍しいことに2箱常備してます
しかも1kgの奴ですね(笑)
やはりそれだけ頼りになると言うことでしょうか
本題に入りますとカラフル(いかにも体に悪そうな)な方はtear jerkersガムボール
tear jerkersはお涙ちょうだいという意味で酸っぱいガムボールです 
酸っぱいものが好きなアメリカの子供には人気ですね
赤いfalloutに出てきそうな物騒なものはAtomic Fireballs
ずはりシナモンの塊です
名前からして凶悪な代物で常人はまともに食べられません
刺激を求める方には大人気であり多分bonesさんの好物なんでしょう
日本ではあんまり見かけませんがお菓子専門店やアメリカ雑貨などを置いている所はあるかもしれません

おまけ


グリーンベレー隊員はアフガニスタンの文化に溶け込むような生活をして住人の信頼を得るはず…なんですがODA961はアメリカンな生活をしてました
山盛りのフライドポテト、肉肉しいステーキ
これぞアメリカの食卓という感じですね
特殊部隊は訓練中は直立不動でまずい残飯のようなものを食べるので反動で普段は豪勢なものを食べたいんでしょう  
これだけ食べると胃がもたれそうですが…

(画像に問題があれば削除いたします)
  


Posted by ゾンビハンター at 00:00Comments(1)ネタグリーンベレー初期アフ

2016年09月22日

元シールズのCIA警備要員 Jeremy Jason Wiseさんについて

こんばんは ゾンビハンターでございます
今回は元シールズのベテランでアフガニスタンにて爆死したJeremy Jason Wiseさんについてです


wiseさんはアーカンソー州に生まれウェストサイド神学校に進学
その後はシールズに志願
アフガニスタンにて戦うようになります


2009年に引退後Xe社(旧ブラックウォーター社
、現アカデミ社)に入社
この時はXe社は既にいろいろ叩かれておりIPOAを追い出されてます
しかしCIAとはとても懇意であり元CIA局員であるRobert Richerさんなど元CIA局員が多数在籍しておりCIAに人材を派遣しています
CIAとしては経験豊富な兵士を雇えて死んでも足がつかない
Xe社側はCIAは国家機関のため金払いが良いと両方にメリットがあるため親密な関係を築いてます

大規模な襲撃作戦はDEVGRUなどに任せればいいのですが極秘の小規模な強襲や護衛などはやはり契約で雇い金で動く人間の方が向いているのでしょう
wiseさんは一応は警備要員として雇われてますがどんな仕事をしていたのかは不明です
(一応CIAは警備業務以外は外部の人間にさせていないと公表してます)
ゼロダークサーティで描かれてますが12月30日ホースト州 チャップマン基地(ここはCIAが直営している基地です)にパレスチナ系ヨルダン人医師のフマム・ハリル・アブムラル・バラウィが到着
幹部アイマン・ザワヒリの情報を握っておりGID(ヨルダン総合情報部)と取引をしていました
しかし赤いカローラでCIAアフガニスタン副支局長などの幹部や分析官たちの前に乗り付け自爆
7名が即死、6人が重傷を負いwiseさんも死亡
(ちなみに日本産の車であるカローラを運転したのはアルガワンと呼ばれていたANAコマ隊員で基地の警備責任者でした
車に乗る前にボディチェックをしたのかは不明)
自爆犯はパレスチナを攻撃するイスラエル(アメリカ)に憎悪を燃やしており二重スパイとして自爆
このことはCIAの大失態としてメディアに取り上げられ日本でもよく知られる事件となります

(画像に問題があれば削除いたします)

  


Posted by ゾンビハンター at 21:30Comments(0)CIAネイビーシールズ

2016年09月22日

誕生日に戦死したMARSOC隊員 Robert L. Gilbert II さんについて

今回は大変残念なことに誕生日を迎えて息を引き取った隊員についてです


オハイオ州リッチフィールドに生まれRobertさんはリビア高校(いわゆる国のリビアではなくマサチューセッツ州、英雄ポールリビアから名付けられた都市にある高校です)を卒業
18才の時に海兵隊に入隊
21才には1等軍曹に昇進(よくある砲術軍曹という訳は間違いです)
歴代最年少クラスで出世していました
勲章もパープルハートなど多数保持しています
ミリフォトでもちらほら登場してますね




しかしアフガニスタンでの戦闘は熾烈さを極め2010年3月6日 胴体を撃たれます
この時はプレートのおかげで怪我せずに済みました

しかし3月8日 幸運は続かず頭部右側面を狙撃されヘルメットごと弾が貫通、意識不明の重体となります
これにはアフガニスタンでは対応できず本国のメリーランド州 ベセスダ国立海軍医療センターに送られ集中治療室で治療を受けます
しかし必死の治療にも関わらず彼の誕生日である8月16日、家族に看取られながらアメリカ本土で戦死
享年28才でした
父親のボブさんは妻(ガンでこの時既に他界されてます)と息子を失うことになります
Robertさんは父親の職業である警察官になることを目指しており引退するつもりでいた矢先の悲劇でした

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 00:30Comments(0)MARSOC

2016年09月21日

Dying lightのゾンビについて

今回はDying lightに出てくるクリーチャーについての考察です
ミリタリーや銃には全く関係ありませんが終末装備を楽しむための一環として解説させていただきます
まぁある程度戦うゾンビを仮定しておけば終末装備もイメージしやすいですからね
噛まれたらダメだから厚着しようだとか、どうやってゾンビの頭叩き割るとかいろいろ妄想するのも楽しいです


1 そもそもゾンビになるハランウイルスとは
軍が開発した新型のウイルス兵器かと思われ青い気化した状態のものが作中で確認できます
なぜ漏れたのか、なんでこんなものを研究していたのかは不明
ハラン市のセクター0を起点に爆発的に感染が拡大
当初は市街だけで済んでましたがスラムや郊外にも拡大
ハラン市全域をウイルスが猛威を振るいます
今作はleft4 dead系統の特殊感染者が大暴れする作品なのでウォーキングデッドのような恐ろしさはないですね

2 バイター


ハランウイルス感染後、めまいや顔色の悪化に悩まされやがてバイラルになり人を襲うようになります
バイラルは素早く高い所にも登れます
(バイラルは28日後のオマージュです)
ただし耐久力は人間のままなので脆いです
時間にたつにつれ身体は腐りゾンビになります(この作品ではバイター)
バイターは腕や足が切断されても活動できトロいながらもしぶとく戦いづらい相手です
この作品の特徴としてはゾンビに髪がないことがとても珍しいです
(バイラルはまだ生えてますが感染の進行がすすむにつれてハゲます、髪のテクスチャを表現するのがめんどくさかったんでしょうね)
主な攻撃はバイラルは本能のまま殴りかかる
バイターは噛みつき攻撃
ちなみに噛みつかれてもアンティジンを飲むか噛まれた箇所を切断すればゾンビになるのは防げます

3 ボラタイル



今作の代表的クリーチャーです
素早い動きと集団で行動することからかなりの強敵ですね
バイターが突然変異したのがボラタイルです
下顎が異常に発達し補食がしやすいようになっています
弱点としては日光もとい紫外線に非常に弱く身体が焼けます
そのため日中はトンネルなどに隠れ巣を作りその周りを餌場にし夜に出歩きます
かなりの亜種がおり実験でワクチンが入った肉を食べ凶暴性が減ったボルター
マルチプレイで登場する舌攻撃ができるナイトハンター
テレパシーで人間と会話できるマザーなどがいます
知能に関しては喋るボラタイルがあるサブクエストにでており以外と賢いのかもしれません
マザーはハランウイルスを直接体内に取り込んでおりバイターにはならずボラタイルに進化してます
攻撃は噛みつき攻撃や引っ掻き攻撃など

4 ブーン

消防士などいろんなタイプがいる大型ゾンビです
かなり大きいですがこれがウイルスの賜物なのかは不明
ハンマーを持ってうろうろしています
攻撃はハンマーで殴りかかってきます

5 ボマー

この手のゲームには毎度お馴染みの爆弾ゾンビです
物陰から現れて自爆します
攻撃は自爆

6 デモリッシャー

機動隊員がゾンビ化したなれの果てです
(ヘルメットとかボディアーマーも巨大化してるとかは言わないように)
高い防御力を誇っており銃弾や手裏剣も防具を外さないとまともに効きません
攻撃は突進など

7 トード

遠くからゲロを吐いてくる嫌な奴です
恒例のブーマー枠ですね
脆いですが他の敵とセットでてくることが多いのでささっと処理しないとめんどくさいですね
攻撃はゲロ吐き攻撃

8 スクリーマー

大変珍しい子供のゾンビです
叫んでゾンビをおびき寄せるウィッチ枠ですね
子供ゾンビは昔から倫理的な問題でなかなか出てきませんが作品のリアルティを持たせるためには必要です

作品の小ネタとしてはマリオなどのゲームネタや本物の家をつけて売るという変わったものまであります
いい作品なんですがケチをつけるのであれば移動がひたすらめんどくさいんですよね
ファストトラベルはないに等しい上にお使いクエストばかりなのできついです
あと操作性も独特なのもマイナスですかね
良作なのは間違いないのでゾンビ好きな方はぜひ購入してください

(画像に問題があれば削除いたします)





  


Posted by ゾンビハンター at 19:00Comments(0)終末装備