2017年05月03日

MOHのAFO ネプチューンについて

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回も続いてMOHの話ですね


1 AFO ネプチューンについて
ネプチューンは2002年にアフガニスタンに配備された特殊部隊ですね
911を受けて、タリバン狩りのために選抜されたSEAL(DEVGRU)の隊員で構成されています
ストーリーにも大きく関わっており、ストーリーに序盤でチェチェン民兵の精鋭にアンブッシュを食らうも無事くぐり抜け任務を達成



バクラム空軍基地の奪回にも参戦
Shah-i-Kot谷でのレンジャー部隊による大攻勢の失敗をうけ、ウルフパックと共に谷を平定
チヌークのLZ変更の煽りを受け、プリーチャーとブードゥーがMIA(Missing In Action)に。
作戦の指揮官であるフラッグ将軍はレンジャーの失敗を受けネプチューンチームの捜索を打ち切り
マザーとラビットは独断で行方不明者の捜索を開始
現場指揮官であるドラック大佐から増援のレンジャーが送られるもチヌークが撃墜され大半のレンジャーが戦闘不能になります
残ったレンジャーの一部と行方不明だったネプチューンチームが合流し捕まっていたマザーとラビットを解放
ラビットは逃げる途中で骨を折る大怪我を負い、MEDEVACが要請されるもナイトストーカーズが出払っていたことにより治療が受けられずラビットが死亡しストーリーが終了
アナコンダ作戦に基づいたストーリーとなっています

2 装備について
装備に関しては序盤と終盤で変わります

ブードゥー


味方キャラクターとは思えないほど極悪人ズラなSEAL隊員です(笑)
サウスボストン出身
敵に対しては苛烈な性格でトマホークを愛用
ちなみにトマホークはvoodooトマホークとしてコラボ商品が売られています
日本でもアマゾンなどで購入可能

後半の装備ではM60を装備しているためMLCSのガンナーポーチを愛用しているのが特徴的ですね

マザー


ネプチューンのチームリーダーであり仲間思いな隊員ですね
ヒップホップは嫌い
おそらくモデルとなったのはアナコンダ作戦に参加していたDEVGRU隊員スラブ氏から
装備はPCU LV5上下に今では珍しくもないですがオプスコアにPVS15が特徴的
アームバンドは彼のみ装着
サプレッサー付きのP226がイカしてます

プリーチャー


説法者のコールサインを持つシールズ隊員です
口やかましい性格かと思いきやセリフがほとんどない変わったキャラクターですね
続編では大抜擢されます
装備の特徴としてはCIRAS MARITIMEの正面にMBITRポーチがついているのが特徴的

というわけでおしまい
(画像に問題があれば、削除いたします)
  


Posted by ゾンビハンター at 15:51Comments(0)ネイビーシールズ愛すべきモブ

2017年04月15日

4月2日に行われた米特とGCC合同のEERについて

おはようございます
ゾンビハンターでございます
今回はEERについてですね


1 EERとは?
Exercise Eagle Resolveの略でありアラビア半島で行われる合同軍事演習のことですね
特に海に力を入れており、アラビア諸国はタンカー制圧などのテクニックを米兵から学ぶ絶好の機会となっています
1999年から行われている演習ですが、米軍からは海兵隊や特殊部隊などが送り込まれています
2017の担当はシールズのようですね

2 GCCとは?
Gulf Cooperation Councilの略であり、مجلس التعاون لدول الخليج العربيةとも呼ばれます
正式名称はCooperation Council for the Arab States of the Gulf(湾岸アラブ諸国協力会議、CCASG)
加盟国は、アラブ首長国連邦・バーレーン・クウェート・オマーン・カタール・サウジアラビアと六カ国のみですが不安定なアラビア半島に影響力を持っている組織になっています
EERでは軍事的に協力しやってますね

3 EERの概要
陸の訓練もありますが、今回目玉だったのがタンカー制圧ですね
テロリストに制圧されたという設定でオイルタンカーのHadiyah号が用意されました
米特は海からRHIB2隻でタンカーを強襲



甲板後制圧後アラブ諸国特殊部隊がヘリから降下というシナリオで進められました
米特のHK416に対してアラブ諸国特殊部隊はMP5、しかも一部固定ストックのA2が混じって
ますし装備的にも2世代くらい前ですが、やる気は十分だったようです



米特が甲板制圧後は乗組員をエスコート




船内を占領し終了という流れだったみたいですね



さほど珍しくもないですがAOR2着た人もいました


というわけでおしまい
こういう訓練を見るたびに船上でサバゲーしてみたいという気持ちが沸き上がりますね
撮影会などでは軍装で船内に入ることもできるようですが、洋上サバゲーとは聞いたことありませんので是非ともしてみたいものです

(画像に問題があれば、削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 10:27Comments(0)ネイビーシールズ

2017年03月19日

ISIL掃討を目指す各国特殊部隊の最近の動向について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はISILを巡る各国特殊部隊の最新情報についてです
そこまでネタがあるというわけではないですが紹介していきましょう

米特は現在もISIL追跡に多くの隊員が投入されており最近はSEALS隊員が目立ちますね



そのほかMARSOCなども積極的に任務に参加しています




XM2010がイラク、シリアで活躍してたりとなかなか興味深いです



基本的にはイラク軍の支援に専念していますが、情報収集には余念がなくISILのドローンを押収しています
設計図まで回収しているのが伺えるので誰がISILに入れ知恵したのかまで調べるつもりなのでしょう



ドローン自体は以外とよくできておりイラク軍、クルド人部隊とのドローン合戦にも活用されていたようです


モスル大学ではデルタフォースらしき部隊が発見されたりと米特は複数の部隊が動いているのは間違いないですね


そのほかではノルウェー特殊部隊はMJKなどが今年から実戦配備され、任務についている模様



フラ特もモスル周辺に展開しているようですね
現在の情報収集手段はドローンや衛星なので初期アフ時代のように足で情報を集めることも徐々に少なくなっています
臨時のドローンオペレーター室


土壁とパソコンがミスマッチですしコンセントがぶら下がっているのがシュールですね(笑)

特殊部隊装備の大正義、HK416も確認できます



肝心のモスル戦況は未だISILが抵抗し完全制圧には至っていません
市内は焼け野原と化し、遊園地ですら戦場と化してます



というわけでおしまい
(画像に問題があれば、削除いたします)
  


2017年01月14日

ヒラリー氏嫌いの元シールズ  Tej Gillさんについて 

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回は大統領選に敗北したヒラリー氏を嫌っている元シールズ隊員  Tej Gillさんについてです


経歴としては1996年に210回生としてBDU/Sを完了
1997年から2005年までシールズ TEAM5隊員として活動


現在はラスベガスSWATにも関わっています
彼の特筆すべき点はあのベンガジで死亡したCIA GRS ウッズさんとドハーティさんと友人だったころですね
ウッズさんはシールズ時代の先輩、ドハーディさんは仕事仲間ということでどちらとも親しい友人でした
しかし13HOURSで描かれている通り、お二人は奮戦ののち戦死
仕事が仕事ですのでご本人もリスクは承知していたとは思いますが非戦闘員のスティーブンス大使やスミス外交官も死亡しました
この事件はGRSの奮戦によって、大勢の職員は救われましたが米大使の死亡ということもあり米政府の失態として多くの米国民に記憶されることになります
gillさんは領事館の警備を予算の問題で削ったオバマ政権、特に当時のクリントン国務長官を痛烈に批判
予算があれば海兵隊が警備に加わり、GRSは救援に向かわず御友人は死ななかったかもしれませんから当然の怒りと呼べるでしょう
テレビ出演の際には、ヒラリーは私の友人を殺したというTシャツを披露


現在はproject war pathの一環としてグッズが販売されてます
https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=http://projectwarpath.com/&ved=0ahUKEwiZ0uDO-MDRAhXrJJoKHRGbCL8QFggeMAA&usg=AFQjCNHtVPFGdROZIxkeCwtfn0sB5Gh0ig&sig2=zwqOo7h0YpuagJKe8dIjRQ

総合格闘家 ジェイコブ・"ティト"オーティズさんも賛同


まぁ政治の話はミリブロにはふさわしくないかと思いますが、13HOURS人気によりこの活動も盛り上がり実際にベンガジから帰還した職員からもヒラリー氏を批判する声も。
今回の大統領選は、トランプ氏の勝利ということでヒラリー氏への不満と政治の揺らぎが垣間見えた選挙であり、トランプ氏の勝利にgillさんも喜んでいます

(画像に問題があれば削除いたします)


  


Posted by ゾンビハンター at 14:48Comments(1)ネイビーシールズ

2017年01月12日

パラシュート事故で死亡したTEAM3隊員 Bradley S. Cavnerさんについて

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はパラシュート事故で死亡したダークエンジェルの一員 Bradley S. Cavnerさんについてです


経歴としては
カリフォルニア州コロナードで1983年11月23日に生まれ、幼い頃からシールズに憧れコロナード高校卒業後、2003年に海軍に入隊
2004年にTEAM3に配属
イラク、アフガニスタンを転戦
TEAM3は戦死率が高いチームではありますが、Cavnerさんはいずれの派遣も怪我なく帰還




しかし、2014年6月23日に故郷のカリフォルニア州 エルセントロにてCー130からパラシュート降下訓練中に上空1300mから落下死
あまりの衝撃にヘルメットは粉々に砕けていたそうです
遺体はアーリントン国立墓地に埋葬され、シールズ御用達パラシュートMCー6の製造元 Airborne Systemsに対する遺族の訴訟と裁判が現在行われてます

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 18:56Comments(0)ネイビーシールズ

2016年12月14日

チヌーク撃墜で死亡したDEVGRU隊員 Aaron Carson Vaughさんについて

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回は二児の父であり勇敢なDEVGRU隊員についてです(画像右の方)


もう年末なので、改めてブログを振り返ると自分でもリエナクターでもないのに米特関係ばっかだなとつくづく思いました(笑)
まぁ関心があるのは間違いないので基本的に米特関係取り扱って、たまに別のネタを入れるスタイルは維持していこうかと思います

話を戻しまして、 Aaron Carson Vaughnさんは、1981年6月24日テネシー州オビオン郡生まれ
高校卒業後、大学を中退して20才で海軍に入隊
2004年にBDUSを完了
team1隊員としてイラク、アフガニスタン、ドイツ、グアム勤務を経験


グアムにて慰安訪問中のチアリーダーだった奥さんと知り合い結婚
二児の父親になります
2008年から転属願いをだし厳しい訓練と審査をくぐり抜けDEVGRU隊員に転属
アフガニスタンの山地でベテラン兵士として寒い中他の隊員と共に戦うようになります




アメリカで家族との休暇を終えてアフガニスタンに戻った6ヶ月後の2011年8月6日 ヴォルダク州でチヌークが撃墜され享年30才で戦死
私生活の面では敬遠なキリスト教徒の優しい夫、父親だったそうで今頃天国で安らかに暮らしていることでしょう

(画像に問題があれば削除いたします)
  


Posted by ゾンビハンター at 13:30Comments(0)ネイビーシールズDEVGRU

2016年12月13日

ファルージャの戦いの引き金になったシールズ隊員 Scott Helvenstonさんについて

こんばんは
ゾンビハンターでございます
実は今日はフセイン元大統領が捕まった赤い夜明け作戦が行われた日ということで少し昔の話を記事にします


今回紹介するScott Helvenstonさんは1965年6月21日 生まれ
17才という若さでシールズ隊員に
その後12年間、在籍


1992年のシールズカレンダーの表紙を飾るほどかなり有名な方で個人インストラクターなどとしてテレビ方面にも出演


2004年に日給600ドルでブラックウォーター社に雇われいわゆるPMCになりました
最初のうちは装甲車2両、ガンナー付きの重武装
でクウェートのホテルのために食料やキッチン用品などを運んでいましたが、契約変更により装甲車は外され非武装の車両2台で護衛することになりました
これには現場からも不満の声も上がりましたが、黙殺され3月30日にファルージャ近郊に4名で二台に別れて搭乗
しかし任務はうまく行くことはなく、地図を持ってこなかったため道に迷ったあげく武装勢力に襲われ4名全員戦死
死体は燃やされ、引きずり回されユーフラテス川にかかった橋に吊されました
世界中のメディアで報道され、開戦の機運が高まりファルージャの戦いが開戦
現在も対テロ戦争は続いてますしフセイン大統領の逮捕、死はいろいろ思う所がありますね

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 18:28Comments(0)ネイビーシールズ

2016年12月10日

米特最新事情 現在進行中のモスル奪還作戦について

今回はモスル奪還作戦に従事する米特についてですねー
12月現在の最新情勢も交えていきますよー


現在の情勢を一言で表せば、ISIL超劣勢ですね
まず始めに場所から行きますとイラク北部にあるモスル奪還が現在の目標です

(AMPから引用)
ここは石油がよくとれるということから2014年からISILに実行支配されています
ISILの主な資金源は、トルコなどに石油を密輸入することで得られてますのでここを潰せばISILに大打撃が与えられます
そんなわけでイラク政府軍、ペシュメルガなどは10月から本格的にモスル攻めを決行
米特もそれに呼応して、ISILに少数ながら攻撃を仕掛けてます
こちらはカールグスタフ砲(M3?)でISILを攻撃する米特隊員
11月とはいえあちらはクソ暑いため半袖です


長袖の隊員も結構多いですけども


米特がこちらで使用している車両は、MーATV(M1245)のようですね
ハンヴィーの代わりに次世代輸送車両として期待されている車両です
M153 CROWS IIを整備する米特隊員


RPGを防ぐための分厚い後部ハッチも最近の車両の特徴ですね



ちなみにイラク政府軍が使用するお下がりハンヴィーはカックカクになってます


見た目は失礼な話ダンボールを貼り付けたような外見ですが防御力は向上してそうです
(こうでもしないといけないのは軍事用車両として悲しいことですね
道端に転がっている車両の残骸は大抵ハンヴィーですし)

一応MRAPなども払い下げられているのですが、既存の車両を改造して運用しないといけないくらいには車不足、裏を返せばそれくらい大所帯ということです



反ISIL派民兵が使うテクニカルの中には例の企業ではなく日産のものも…
CMなどで流れているキャッチフレーズが洒落になりませんね


戦況に話を戻しますと、北部と南部からクルド人が、東部からイラク政府軍がモスル市内を包囲
西部はISILの補給線が通ってましたが、11月23日にはシーア派民兵が補給線を途絶
怒れる民兵とイラク政府軍によってモスル市内は完全に包囲されています
12月6日にはモスル市内中央を流れるチグリス川まで到達
市内東部は占拠できました
人数的には、10万対8000人くらいの人数比のためISILの圧倒的不利なんですがイスラム教系住民(キリスト教系の住民は占領時に追い出したため)、つまりは信仰が同じ民間人を盾にして現在も市内西部で抵抗中
IEDや自爆攻撃で多少の戦果は出していますが制圧されるのは時間の問題とされてます
ここで米特的に重要なのが幹部クラスを生け捕り、もしくは殺すことができるのかですね
いくら下っ端が死んでも幹部クラスが殺せないことには成果は出ません
補給線が途絶される前に早々に幹部クラスは脱出したとも噂もあるため目下米特は捜索中
カナ特なども現地入りして探しているようですね


テロリストの代名詞ともいえるISILがここまで弱体化したのは、やはり昨今の石油価格が原因ですかね
石油自体がシェールガスなどの登場で揺らいでいますから密輸で儲けていたISILも資金に余裕がなくなってきました
奴隷ビジネスや臓器販売でISILの全資金を賄うのは無理な話です
イラク軍から鹵獲した兵器や銃もかなり消耗しているらしいので武器を買うお金を飛んでいきますからISILは現在全盛期の55%くらいの勢力しか維持できていないとされてます
まとめとして年末に向けて更に混沌と化していく中東情勢に目を向けて行きたいと思いますので今後も気になる方はご覧ください

(画像に問題があれば削除いたします)  


2016年12月08日

タイガーストライプ迷彩を纏ったシールズ隊員 Jared W. Dayさんについて

こんばんは 
ゾンビハンターでございます
今回はまたまたタイガー迷彩を着ていて、そしてteam3隊員についてですね


経歴としては1982年8月12日、ユタ州ソルトレークシティ生まれ
2002年7月1日に米海軍に入隊
専門は海軍情報システム第一級
なので一時期はコロナード基地本部勤務でしたが2004年から2007年までteam3隊員としてアフガニスタンにて駐屯地の通信網を整備
その後はDEVGRU隊員と共同して戦術コミュニケーターとして活動


しかし誕生日の少し前、2011年8月6日 DEVGRU隊員とともにチヌーク撃墜に巻き込まれ死亡
故郷のユタ州 カノッシュ墓地に埋葬されています

また記事にしますが同じくSEALS隊員のアダムさんとは戦友ですね(真ん中の方)


そのほかシールズ隊員には珍しいタイガーストライプ迷彩服着用者です


(画像に問題があれば削除いたします)
  


Posted by ゾンビハンター at 18:04Comments(0)ネイビーシールズ

2016年12月03日

レッドウイング作戦で戦死したシールズ隊員 Jacques J. Fontanさんについて

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回はレッドウイング作戦の頃のシールズ隊員についてですね


Jacques J. Fontan上等兵曹は1968年11月11日ルイジアナ生まれ
ブラザーマーティン高校卒業後リクルートセンターを通じて海軍に入隊
1998年10月23日BDUSを完了
team10に配属
ブッシュ大統領政権下で対テロ作戦に従事



しかしレッドウイング作戦の際にチヌークが撃墜され死亡(ナイトストーカーズと合わせて16名戦死ですが実際には17名搭乗予定でした
慌てて発進したため一人乗り遅れたとの公式発表がなされてます)
享年36才
私生活の面では離婚しており、娘さんを養うために仕事をこなしてました

ミリフォトでの特徴はノーズフェイスのキャップを被ってますね


(画像に問題があれば削除いたします)
  


Posted by ゾンビハンター at 13:30Comments(0)ネイビーシールズ