2017年03月16日

銃器解説 SVDーSについて

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はロシアが誇るドラグノフについてです


普通のSVDは取り扱いませんがこの記事ではSVDMは取り扱いますので悪しからず
1 SVDーSの概要について
SVDーSの概要につきましては1994年に開発されたドラグノフファミリーであり特徴的なのは着剣リグがないことと折りたたみストックであることですね
外見としては黒くて近代的な感じですがそれほど新しい銃でもありません

使用例に関しては特殊部隊や一般歩兵などで占められておりモスクワ劇場占拠事件時のFSBなんかも使ってます


そのほかどこか忘れましたが内務省系の部隊も使用




一般兵はロシア連邦軍やクリミアの礼儀正しい人たちが大いに使ってます




生産自体はイズマッシュ社が行ってましたが潰れちゃいましたので最近ではなかなか見かけないですね
近代改修された親戚のSVDMはバイポット標準搭載、携行しやさはそのままに飛距離が多少は伸びてます…が結局時代遅れのためSVー98とかに食われてます


トイガンについて (あくまで個人の意見です)
SVDーSのトイガンに関しては
A&Kさん 電動、エアコキ
CYMAさん 電動(CMO57S)
クラウンモデルさん エアコキ
ARESさん 電動

A&Kさんはほぼ中身がオリジナルのため非常にめんどくさいです
CYMAさんはRSのパクリなので多少はマシですがとても弄りやすいとはいえません
クラウンモデルさんはA&Kの輸入品で外箱以外はたしか同等品だったかと思います
ARESさんは値段が高めの割には個体差はあるんでしょうけど出来が悪いです

全体的に本物がファイバーなので質感自体はどれもそこまでひどくはないですがこれといった決定版がないチープガンのチキンレースです
よほど愛がないかぎりノーマルな方のドラグノフを買うことをお勧めします
RSなどの方が質が良く財布に余裕があれば無難です。

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 19:01Comments(0)ガン解説ロシア

2017年01月22日

銃器解説 HKファミリーの一員 HK417について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はHK社の自信作 HK417についてです

HK417の概要としては値段はやや高めですが、携帯性や命中精度などすべてが高水準なマークスマンライフルとして知られています
まぁ細かいことを書き連ねてもしかたないのでこの記事ではG27PやG28などを除く採用例を紹介していきましょう

採用している所としては、ドイツを始めとするヨーロッパ諸国とちょこっとアジア圏ですね
高価なこともあり、一般兵に配備している所はそこまでありません
まず始めにノルウェーは陸軍




デンマークも陸軍が採用
オーストラリアもTAGなどが採用




オランダは海兵隊が採用


イタリア海軍 Gruppo Operativo Incursiも採用


フランス軍は山岳コマンドー
GIGNやRAIDなども採用





ロシア軍は地味にガスレギュレーターがない民間モデル MR308をFSBなどが使用



イギリスはL129A1があるため微妙ですが、警察などを中心に運用




アメリカ軍はSR25などがあるためなかなか見かけませんがCSASS(Compact Semi-Automatic Sniper System)によりM110Aの正式採用が決定
そのうち使用例も増えてくるでしょう

トイガンについて
よく市場に出回っているのはVFCとマルイですね
どちらもよく出来た代物ですが、とにかく重たいです
サバゲーで使うのは根性が必要ですね

(画像に問題があれば削除いたします)


  


Posted by ゾンビハンター at 20:45Comments(0)ガン解説

2016年12月20日

銃器解説 DSRー1とDTA SRSについて

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はバトルフィールド4にも338リーコンとして出てきたブルパップ狙撃銃についてですね


ささっと解説していきますとまず始めにDSR1はGSG9のためにAMP テクニカルサービスが開発した物です
バレル交換が容易、ブルパップなので全長が短め予備マガジンがマウント可能と特徴的な点も多いですがいまいちぱっとしない銃ではあります
GSG9の他はSEKも使用
ギリシャ軍も導入しているようです



よく似た銃器としてDesert Tactical Arms(DTA)が開発したSRSがあります
Stealth Recon Scoutの略の通りDSRと同じように消音に力を入れています
なかなかデザイン的にもいいんですがいまいちセールスの方が芳しくないというかこちらもマイナー銃なのは変わりません



トイガンについて
S&TさんとARESさんから338ラプアモデルのDSRー1が出されてます
現在ARESさんとこのDSRー1が手に入りにくい上に高いので選ぶならS&Tさんですかね
刻印などはリアルなんですが気密がガバガバなのでろくに使えません
かなり中身に手を加える必要性や値段も高いことから上級者向けの逸品です

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 20:02Comments(0)ガン解説

2016年11月29日

銃器解説 東欧の蠍 VZ61について

今回は銃床を畳んだ状態の全長27cmとサブマシンガンとしては最小クラスの蠍くんについてです
まぁ知名度はとても高いですがいまいち使用例が知られてないので記事にいたします

1 VZ61について
戦車兵などの護身用向けに開発されました
小型ながらストックを広げてマガジンを握れば(トイガンは握らない方がよいです)、高精度の射撃が可能です
弾は32ACPですが利便性の面から9パラを使用するVZ68が新たに開発されました(現行はVZ85)
今ではEVO3がありますので影は薄いですが…

2 採用している所
CZ社のお膝元チェコスロバキア軍が使用してます
野外演習の際に護身用としてサプレッサー付きのものが見受けられますね


ユーゴスラビアがあったころの特殊部隊(セルビア警察にも今でもありますが)JSOもサプレッサー付きのものを使用
20連マガジンで取り回しよくしてます
逆に40連マガジンやドラムマガジン(架空)を使っているのは見かけません


スペツナズも使ってたそうですが冷戦のゴタゴタで資料が分からないですね
暗殺目的で運用されてたようです
そのほか空挺兵や赤い旅団(テロリスト)など割と幅広い層が使用してます



3 トイガンについて
トイガンはマルイさんからエアコキ 電動
KSCさんからはガス
マルゼンさんからガス
マルイコピーがJGとASGから出てます

マルゼンさんのものは最近見かけませんが値段の割にはよく出来てます
MP5KとMAC11も低価格だったので再販してもらいたいところです
KSCさんのものはよく出来ていてリアルですね
サバゲーでの運用としては小型なので扱いやすく使いやすいかと思います

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 06:13Comments(0)ガン解説

2016年11月28日

銃器解説 M45A1について

今回は海兵隊の最新鋭ハンドガン M45A1についてです


USPは出すのが遅すぎ、グロック19は出ると思った、V10はあまり馴染みがないという感じだったのでマルイさんのM45A1の発表は興奮しましたね

1 M45A1の概要
M45A1 CQBPは元は民間モデルのコルト XSEを改良したコルト レイルガンですがMARSOCの要求によりM1913 ピカティニー・レールなどの改良をさらに加えたハンドガンに仕上がってます
特徴的なのがタンカラーであることとG10でできたVZグリップですね
グリップの目は荒いですが握りやすいと評判です
45口径なので反動は強めですが海兵隊員の腕前とコルト社製品の完成度もあって強力なハンドガンです


2 採用している所
M45A1はデザインなどは革新的ですが基本的な所はしっかり抑えており前任のMEUがあり合わせ品で消耗が激しかったこともあり保守的な海兵隊には珍しく広く受けられてます
2013年頃からMARSOCはもちろん


MEUも使用

操作感も従来と変わらないのでそこらへんも海兵隊員に受け入れられる要因の一つですかね
リロードもしやすいようです


フォースリーコンなどでも使用


SRTでも使われているようです

3 トイガンについて(あくまで個人の感想です)
トイガンではBWCさんからモデルガン(限定30丁)とマルイさんMEUピストルカスタムキット
WAさんからはガスガン
そしてマルイさんからガスガン発売予定
サイバーガンからフルメタガスガンも出てます(アウトですが)

BWCさんのモデルガンは実物グリップ付きで文句なしなんですが限定で手に入りにくい
高いのがネック
元モデルであるXSEも発売してます

WAさんの物は値段はハンドガンとしては高いですがトイガンとしてはそこそこですね
出来映えとしてはコストダウンのためM45A1のウリであるレイルが一体成形ではない
実物グリップが加工しないとつかないなどなど…

マルイさんの物はM1070 CQBPとして民間モデル、刻印以外は同一のものが販売されてますのでしっかり採寸したらリアルなものが仕上がるかもしれません
M45A1が限定品ではなく安定して手に入ることは嬉しい限りですね

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 11:38Comments(0)海兵隊ガン解説MARSOC

2016年11月27日

銃器解説 堅実な拳銃 USPについて

こんばんは ゾンビハンターでございます
今回はやっとマルイさんからガスUSPが登場するということなので便乗して記事を作成します


まぁUSPは有名な銃器なのでささっと流していきますがダブルアクション拳銃にしては珍しいコック&ロックができるなど堅実で安全性に力を入れた作りが評価されてる銃です
マガジンキャッチのアンビ化やタクティカルマウントなど現在の最新ハンドガンに通じる要素も盛り込んで作成されてますから古臭さはあまり感じない所も魅力的かもですね

1 採用している所
H&Kのお膝元 ドイツ連邦軍 ドイツ警察ではP8 P10 P12として各種シリーズが採用されてます



フランス軍では空軍が一部採用


ポーランドではGROMが結構使ってますね
matchモデルが多いかもです


アメリカ軍は演習の際にP8借りて発砲しています


海軍 SRT(Special Reaction Team)はシルバーモデルのUSPコンパクトを採用


オーストラリア軍はtactical assault groups (TAG)などが各種シリーズを採用
USPタクティカルがクールですね



PMCの方も堅牢さに目を付けて得物にしている方もいる模様


日本でもSATなどが採用してます

2 トイガンについて(あくまで個人の感想です)
マルイさんからはコンパクトなど 電動 ガス エアコキがすべて揃う予定です
KSCさんはUSPファミリーをガスガンで販売
フルサイズ、コンパクト、タクティカルなどなど
タナカワークスさんはモデルガン
S&Sさんはエアコキを販売などなど

USPは人気銃種なこともありトイガンのクオリティも高いですね
細部に拘るならKSCさん サバゲーでガンガン使うならマルイさん
発火モデルガンならタナカさんですかね

(画像に問題があれば削除いたします)




  


Posted by ゾンビハンター at 19:21Comments(0)ガン解説

2016年10月21日

銃器解説 Mk13スナイパーライフルについて

おはよう御座います ゾンビハンターで御座います
Bf1でワクワクした朝を迎えております
いつもブログを見ていただいているツカサ様に便乗して記事を作っておきます

今回のお題はMk13ということで簡単に説明していきたいと思います
そもそも米海軍地上兵器研究センターNSWC Craneが特殊部隊用にカスタマイズしたM700モデルの親戚です


特徴的なのがシャーシシステムAICSですね
現行は2.0モデルです
初期のModには組み込まれてなかったので結構最近のものです
レミントンのMIRSなども組み込まれており拡張性も高いですね
Mk11サプレッサーも使用可能です

採用している所
米国特殊部隊向けとして作成されているので特殊部隊しか使ってませんね
海軍、陸軍、海兵隊が使ってますが
海軍はシールズ
2008年頃からすでにMod5を運用してます(Mod3の運用自体は2006?年頃から)


最近でも使われているみたいです


陸軍はレンジャーとグリーンベレーが運用
正直な話レンジャーはあんまり見ません



最後に海兵隊はMARSOCが運用



三脚で命中精度を高めてます


エアガン
とくにMk13として出されているものはないですが田中さんのM700 AICSはAICSフレームを再現してます

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 07:11Comments(0)ガン解説グリーンベレーMARSOC

2016年10月06日

銃器解説 スプリングフィールドXDについて

今回はブラックテイルとしてバイオハザード4にも登場した拳銃についてですよ

1 XDについて
元々のオリジナルはクロアチアのHS2000ですがアメリカ市場進出の際にスプリングフィールドアーモリー社に委託販売する形で発売されました
最新版のXDMに関してはスプリングフィールド社が自社開発して作っておりデザインも一新されてます

2 採用している所
安全管理を重視しているためトリガー管理に厳しい警察官には好まれてますがミリタリーユーザーには好まれていないようです


グロックと構造が似ているのですが弾数が少ないことや弾倉はスチールを使用しているため重いです
(弾数はXDMで改良済み、XDでも銃本体の重量は17よりも軽いです)
堅牢な作りなのですがグロックや他のポリマー製ガンに負けている感は否めないですね
HS2000はクロアチア軍が採用してます


3 トイガン
トイガンはマルイさんとコピーをWEさんが出しています
マルイさんは40口径モデルを出してますが性能はかなりよくファンも多い逸品ですね
WEさんは4.5と3.8モデル(スライドなどを切り詰めたモデル)を発売してます

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 11:01Comments(0)ガン解説

2016年10月04日

銃器解説 M870MCS ブリーチャーについて

今回は小型ながらも破壊力抜群のブリーチング用ショットガンについてです
特殊部隊員が小脇に携帯しているのがよく見られます
故Roberto Daniel Sanchezさんが持っている写真が有名ですね


まぁ有名なショットガンなのでささっと採用している所を紹介しますと75thレンジャーが圧倒的に使用しています




そのほかデルタなども使用


アメポリでも多少は見られますが10インチのものをわざわざ使っている画像は少ないですね


ポー特でもブリーチング用に所持してます


一概に言えるのはあくまでブリーチング用のものなので光学サイトは装着していません
そのほかシェルホルダーもわざわざ装着している物も少ないですね
実物シェルをアクセサリーとしてつけるならFLOCCHIなどがオススメ


トイガン
他のトイガンでも頑張れば10インチモデルを再現することは可能ですが一番手っ取り早いのがマルイさんのブリーチャーですね
M870の初期の不具合もなく良トイガンではあるんですが癖のある操作方法のため私は一度壊したことがあります
火力はシェルに30発しか入らないため低いですしアイアンサイトもないので完全にインドア向けのトイガンです
取り回しは最高なのでバリケードが入り組んでいる所で本領を発揮できるかと思います

(画像に問題があれば削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 22:00Comments(0)デルタフォースガン解説75th RANGER

2016年10月01日

銃器解説 火力抜群なMGLグレネードランチャーについて

今回は6連発可能なグレネードランチャー ミルコウMGLについてです
特徴としては40mm×46グレネードを6発装填可能、リボルバーグレネードランチャーの為機構の信頼性も高く故障しにくいです
弾薬も非致死性のものが使えます
まさにMGL=Multiple Grenade Launcherの名に恥じない出来映えのため各国の軍や警察に採用されています
名前はミルコウやダネル、現在はベクター社が生産してますのでバラバラですが同一品です

1 採用例
海兵隊ではM32A1
米特殊部隊ではMk14として使われてます
火力重視なMARSOCではよく見られますね



シールズではteam3 ダークエンジェルのおじさんが所持しています



黒MGLは初期型のMk1を南アフリカ軍
イスラエル警察などが使用



アメリカでもフォースリーコンが使っていたような節があります


現行のMGL-140はアメポリとGIGNが使用しています



2 トイガン(あくまで個人の感想です)
MGLはICSさんから出されてますね

(公式より引用)
http://ics.militaryblog.jp/e749473.html

なぜか TANのみスチールバージョンがない、ロングモデルもありません
そのため有名な画像に写っているM32を真似するとなると大変ですね


M32A1はショートモデルです

 
M32A1化するにはストックやらハンドガードを改修しないと再現できません
重量は本物の半分と非常に軽量
カートはG&P、CAWなどが使えます(手を加える必要があるかも)
そのほかはM2A1仰角サイトが市販されてないのが問題ですね
ICSさんから出してもらいたい所です
 
(画像に問題があれば削除いたします)

  


Posted by ゾンビハンター at 16:17Comments(0)ガン解説MARSOC