2017年08月27日

レインボーシックスシージに登場するホワイトマスクについて

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はレインボーシックスシージの雑魚敵であるホワイトマスクについてですね


1 概要について
ホワイトマスクはレインボーシックスシージに登場するテロリストです
テロリストと言えば何らかの思想、主義、目的を持って事を起こすのが通例でしたが、今作ではマルチプレイ主体のためとくに目的が明かされていません
世界中でテロを起こしているほか、バートレット大学では大規模なバイオテロを起こしています
武器は小火器、爆発物に限られるものの人数と重要な建物(大使館、飛行機など)を支配できる手腕は凄いですね
メンバーは白い仮面を被っており、喋るのはとくに訛りがないベーシック

2 装備について
テロリストは地味に5種類に分かれます

装備に関しては、やや異なるもののパーカーにリアルツリー迷彩のパンツ、ベストが一般的

ボマーと呼ばれる自爆タイプは、ハズマットスーツにC4を取り付けています

ハズマットスーツにボンベとかなり重装備ですが、走るのは結構早め

AIがそこまで賢くもないので、基本的には数で押し切る敵ですが、侮れないです

3 元ネタ考察
元ネタですが、コンセプトアートはいわゆるKKKの白装束に近いものとなっています
流石にこれはまずいと思ったのか現在に落ち着いたようですが、マスク被るのはアノニマス要素も入ってますね

(Farcry5に要素が受け継がれたのかもしれません)

4 結局正体は何なのか?
マルチプレイのために都合のいいように扱われているホワイトマスクですが、なぜかSASと繋がりが多いです

スモークのガジェットの謎
スモークといえば毒ガスですが、バートレット大学でボマーが使っていたガジェットとスモークのガジェットがほぼ同じです
テクスチャの使い回しとも考えられますが、ムービーでは大学構内?をうろつくスモークのセリフも考えてみれば意味深

そのほかこれも技術的な問題でしょうが、SAS新兵と同じL85とM590をテロリストが使用しているなど割と面白いです
まぁ考えても仕方ないと思いますが

というわけでおしまい
(画像に問題があれば、削除いたします)

  


Posted by ゾンビハンター at 22:40Comments(3)レインボーシックスシージ

2017年08月22日

 痛快FPS映画 ハードコアの銃器解説について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回は全編FPS視点という斬新な痛快作についてです

銃器に関しては、リロードせずに次から次へ捨てるため比較的多めですね
とくに目立つものだけ取り上げます

1 マカロフ

謎の主人公、ヘンリーが警官から奪うハンドガンです
今作は合作ですが、ロシアが舞台のため武器はロシア製が多め

2 モスバーグ500クルーザー

ヘンリーを手助けしてくれる「最初」のジミーが持っているショットガンです
ジミーはシャールト・コプリーさんが演じてますが、ころころ復活するのが見所

3 APSとS&W M629

売春宿のラリっているジミーが使用
裸に二丁拳銃とかなり勇ましいです
物語の都合上、あっさり死にますが

4 ミニガン

バイカーギャング風のジミーのバイクになぜか載せてあったミニガンです
サイボーグとはいえ、両手でしっかり持っています
ここのバイクシーンが一番盛り上がり所ですね

5 PDT-9T Esaul

ケダールのバリエーションですが、ジミーが使用
片手で撃っている割には、見事な射撃です
テンポが良すぎて印象に残りにくいですが、格好いいシーンですね

6 Fort-500 バリアント

ヘンリーが廃ビルのシーンで使うショットガンです
グロ描写も凄まじいので、まさに圧巻の出来映え


7 AKMSとAW-F

ビルの屋上で使うことになることになる銃たちですが、結構シュールな一面
なぜAKMSにこんなカスタムしてあるのかが謎
ジミーはCODMWのマクラミンのオマージュかと

ストーリーは単純ですが、アクションは本当に素晴らしいの一言
日本では公開が遅れましたが、DVDなどは入手可能です

(画像に関しましてはPV画像やThe Internet Movie Firearms Database (IMFDb) を使用しています
画像に問題があれば早急に削除いたします)



  


Posted by ゾンビハンター at 00:00Comments(0)オススメ作品紹介

2017年08月19日

レインボーシックスシージに登場するエリートユニフォームの考察について ラッキーセブン編

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回は、パルスのエリートスキンについてです


1 装備について
装備に関しては流石に元ネタそのままというわけではありませんが、

頭=なんと髪が生えてます!(ちなみに元ネタはカツラなのでパルスも地毛ではない可能性あり)
アメリカン オプティカル製サングラスを装着

胴体 服はタンカースジャケット
伍長の階級章が両腕に
左にフラッグパッチ、右にFBIパッチ
ハーネスは5.11タクティカル VTAC Brokos
(ベルトに通してないため、やや不格好)

下半身 ピストルベルトをなぜかやや斜めがけに装着
パンツはM43空挺パンツ?
ブーツは俗に言うトラヴィスブーツ(ちなみに映画同様右足にナイフ隠しています)

2 元ネタ考察
元ネタに関しては映画好きには有名な「タクシードライバー」のトラヴィスでしょう
モホーク頭にサングラスのキャラクターはなかなか居ません


武器スキンのオシレーターは振り子
ウェーブレングスは波長を意味します
ラッキーセブンという言葉自体は、とくに意味があるのかないのか…
パルス自体の経歴やFBIとタクシードライバーは特に関係ないのですが、心理学に精通した人物ということなので、映画内で心が壊れたトラヴィス役に抜擢されたのかも
ともかくUBIにタクシードライバーのファンがいるのは間違いないみたいですね

というわけでおしまい
(画像に問題があれば、削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 22:25Comments(0)レインボーシックスシージ

2017年08月18日

レインボーシックスシージに登場するエリートユニフォームの考察について ゲリラ編

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回はR6Sに登場するエリートユニフォームについてですね
初回はそれなりに解説しやすいブラックビアードのゲリラスキンです


1 装備について
エリートユニフォームはほぼノーマルスキンと別物になっています
頭 m1ヘルメット(従来のミッチェルではなくタイガーストライプカバー付き)
ベトナム戦争ではお馴染みのスペードのエースをヘルメットに挟んでいます
ヘッドセットはそのまま
サングラスはAmericanOptical製品(パルスのエリートの使い回しかと)

胴体 タイガーストライプ迷彩服の袖無し
弾薬帯をクロスさせています
アクセサリーはM14グレネードとファイティングナイフ(服に直接くっついている)
左肩にロープ一束
背中にはレザーベルトと連結?して18インチ マチェット
レザーベルトにはM16ポーチ2個、パイナップルグレネード、プットバック
ジーンズは膝に当て布がしてあります

ヘルメットカバーとマチェットのケースのみ特殊ですが、それ以外はなんとか手に入るレベル

2 元ネタ考察
装備はチグハグなところもありますが、ベトナム戦争時代のシールズが元ネタかと
さすがにオプスコアはまずいと思ったのかリークされた時とはヘルメットが変わっています
勝利アクションのコマンダーですが、有名なアンクルサムのポスターがそれっぽいですね


エリートユニフォームは変なものが多いですが、コスプレしてみるのも一興かと思います
というわけでおしまい
(画像に問題があれば、削除いたします)

  


Posted by ゾンビハンター at 17:55Comments(0)レインボーシックスシージ

2017年08月17日

レインボーシックスシージに登場するオペレーターの装備と銃器考察について JTF2編

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回はJTF2についてですね


1 バック


スケルトンキーを使うことによって、ショットガンを自由自在に切り替えられるオペレーターです
装備に関しては、
頭 ニット帽
胴体 CADPATスノーカモの防寒服
自作推奨
(パンツのみEbayで手に入りますが、上は未確認)
ボディーアーマーはLBT6094
ポーチはほぼLBT製品
色合いはマスグレイに似てますので、LBXを買うのが集めやすいかも
シングルm4ポーチ、ラジオポーチ、SAWポーチ、ラジオポーチ、サイリュームなど盛っていけばそれっぽくなるかと思います
ベルトはLBT-1647B
足にはスノーゲートルはいてますが、この迷彩柄のものはみたことありません
登山用品は目立って当たり前なので、迷彩はなかなかないです

銃器はC8-SFWとCAMRSですが、そっくりそのままのものは売ってません
スケルトンキーとの相性もあるので、あまり選択肢はありませんね

2 フロスト

明らかに大型獣用であろう罠をしかけるオペレーターです
足が挟まったオペレーターは数しれません
装備はバックとほぼ同じですが、フロストのニット帽にはアンダーアーマーのロゴが入っています
そのほかラジオポーチに[霜]とかかれていて結構面白いですね

武器はスーパー90が揃えやすく、良好
防寒服もファーを後付けするなど工夫すれば再現可能と死ぬほど暑苦しそうな以外は興味深い装備です

今後はテロリストと、エリートスキンについて記事を作るかもしれません

(画像に問題があれば、削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 15:04Comments(0)レインボーシックスシージ

2017年08月14日

レインボーシックスシージに登場するオペレーターの装備と銃器考察について BOPE編

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はブラジルが誇るBOPEについてですね


1 カピタオ


最近ではインパクトグレネードがなくなったものの、クロスボウがなかなか強いオペレーターです
装備に関しては
頭 ベレー帽(残念ながらBOPEベレー帽のレプリカはありません
黒色のベレー帽にパッチをつける必要あり)
左目に眼帯(地味にBOPEの刻印いり)

胴体 V1ベスト(現行環境ではブラジル軍迷彩らしきポーチがついており、くっそコスプレするのが難しくなっています)
BDUは地味に特注仕様
肩の部分が市販のものと異なります
葉巻もBOPE仕様
胴体のパッチも特注する必要があります
SOUZAはカピタオの本名
地味に厄介なのが、背中のクロスボウホルスター
3Dプリンターで作ればなんとかなりそうではありますが、なかなか強度を出すのが難しそうです

足にはレガース
ダマスカス製かと思いましたが、やや細部が異なります
靴はアメリカ軍のジャングルブーツ

コスプレの利点としては腕まくりをしているため、夏場は涼しいものの微妙に難易度が高いです
M249であれば集めやすいですが、銃器も微妙

2 カヴェイラ

遊撃要因の花形であるオペレーターです
BOPEの標準的なV1ベストではなく彼女はチェストリグですが、NANDAMとかかれた架空のものを着用
普通のチェストリグではなく、後ろにパッチが貼れるものになります
右側面の足には用途不明のレッグパネル
地味にややこしいのがニーパッド辺り
彼女はゲートルとニーパッドを合わせて使っているので注意

難易度に関してはメイクが得意な方であれば、低め
銃器もルイソンとM12であれば揃えられます

というわけでおしまい
今後追加の新オペレーターに関しても一応考察予定中

(画像に問題があれば、削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 22:49Comments(0)レインボーシックスシージ

2017年08月06日

トランスフォーマー 最後の騎士王の装備考察について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回は最新作 最後の騎士王に出てくる特殊な方々の装備考察ですね


1 対トランスフォーマー部隊 TRFについて
NEST、墓場の風解散後新たに結成された対トランスフォーマー部隊です
米軍とは所属とは違うものの、レノックス大佐などが出向している様子
隊長は元デルタのサントス


装備に関しては、LBX ウルフグレイが特徴的
中盤、エイリアンシップに潜水する際にはレノックス大佐などが5.11TACTECを装備
四つ目が異常に格好いいですね


銃火器などはSAI GLAYライフル、タボール SARなど
オートボットでさえすべてのトランスフォーマーと敵対しています

2 米軍、英軍について
終盤にオスプレイ6機とF35の編隊が登場しますがここは英軍と米軍の混成になってますね
早着替えしたレノックス大佐は、ファーストスピアー AACを装備
1作目に立ち戻ったマルチカムはカッコいいです


この写真の左端のシールズの方、縦に星条旗パッチ貼ってて変わってますね

 
銃火器もそうですが、キャストの方も13HOURSから数人続投しています


というわけでおしまい
トランスフォーマー 最後の騎士王絶賛公開中!

(画像に問題があれば、削除いたします)


  


Posted by ゾンビハンター at 21:20Comments(0)愛すべきモブ