2018年03月28日

アイアムアヒーローのZQNとは一体なんだったのかについて

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回は久しぶりにアイアムアヒーロー読み直したので気になったことについてですね


(1)ZQNの発生源はなんなのか?
正直な話、結構投げっぱなしで終わってしまったため考察でしかありませんが、子供が一番の発生源だと考えられます
以下根拠

1 感染初期の名有り人物が子供から噛まれている

台湾に不倫旅行をしにいった新人漫画家のカオリは子供から
英雄の彼女のテッコは少女から(メールで判明)
いずれも一晩明けてから発症

2 噛まれたあとがない子供が多い
典型的なのは富士山の神社のZQNベイビーズ
噛まれた跡はありません(赤ん坊が噛まれたら親は騒ぐはずですがそういうことはなし)
また2巻の英雄が逃げるシーンで見かける親子ですが、レインコートを着た子供が親を噛んでいます
いずれも噛まれた後がないため、かなり怪しいですね(表現の問題があるかもしれませんが)
藪が道ずれにした赤ん坊も感染していましたが、あれも噛まれたような跡がとくに見当たりません

3 総理大臣などのVIPなどについて
感染拡大の前にVIPが入院した病院で発砲事件や自衛隊が突入したりしています
上記を考えると政府要人、子供などを中心に摂取したワクチンが原因でZQNになってしまったのではないかという説があります
作中の当初は弱毒性のインフルエンザの流行が懸念されていたため、ワクチンの生成が失敗して逆に爆発的に広がってしまった可能性もありますね

(2) ZQNの奇行種について
ZQNの細かい説明はWikipediaを参照していただければいいですが、単純に生前の習慣とは関係ない奇行種やZQNを攻撃するZQNなどがいます

1 まず初めにブリッチ型
ブリッチをしたような体制で動くZQNです
作中でも結構出てきます
テッコ、紗衣、樹海の追突したトラックの荷台の看護師、ショッピングモールの女など
これは特に作中でも説明されてません
ただ女性だけがこの体勢で動き回っているため、何らかの理由はあるかと思います
(エクソシストのオマージュ?)

2 人を襲わずZQNを攻撃するZQN
こちらも結構います
紗衣などなど
後述のクルスとは違い、敵対心のなさを除けばただのZQNです
外伝の長崎でも人間を庇うZQNなども出ていますが、生前の行動によるものだと思われます

3 裸のZQN
裸のZQNも結構多いですが、風呂上がりなどに襲われないかぎり裸にはなりにくいような…
一応の理由としては外伝 長崎の高校生の息子に噛まれたおばさんなどはアツい、サムイと絶叫しながら服を破いてZQNになっています
後述のクルスも裸ばっかなので新陳代謝による体温向上か生前の性癖も原因なのかなと

(3) 物語の核心をつく書き込み
これは見落としがちなのですが、57話の2ちゃんの書き込みの中に宇宙人と思われる書き込みがあります
バイオテロで人類の9割を絶滅させてそのまま地球を乗っ取るなどが地味にかかれており、作中の建物を破壊せず掃除するだけの清掃型ZQNなどと目的が一致します
2ちゃんのような形式で巨大ZQNの中でも個人の意識が話していたりとそのほかの点でも関係ありますね
ただ残りの一割が通常の人類かクルスなのかはいまいち分からずじまい

(4)クルスとはいったい
作中で見られる感染しても知性があり、馬鹿力を発揮するクルスの特徴としては生前に障害があった、もしくは引きこもりや虐められていたなどの精神的なストレスがかかっていたなどです
(来栖、コロリ隊の足がなかった女性など)
作中でも触れられてますが、社会的に不満がある人間はZQNパニックを喜ぶ人もいます


ZQNに変わる時間は個人差によりますが、序盤の以前の世界をクソだと思っていた三谷などは指を噛まれていたのに関わらずかなりの時間意識を保っていますし、そこらへんは画像のセリフの通り
選ばれた人間、ZQNになりにくい人間には共通点があるということです

(5) イタリア編について
16巻のイタリア編と5巻の書き込みを合わせるとよく分かります
テラフォーミングのためにZQNは作られ、食欲だけではなく巣を作るために仲間を増やすこと
クルスは異種であり、自我が強く、ZQNを操る宇宙人とは敵対しており、人類の希望になり得ること

最後に話自体は面白いのですが、やっぱりラストは雑なまとめ方でちまたでも不評ですね
続編もなかなか出なそうですし(アンソロジーでは半年後も描かれてますが)
アイアムアヒーローは私はヒーローではなく、私は英雄(a Hero)なのでZQNを全滅させて人類を救うという話にはならないでしょうが、それにしてもかなりガッカリしました
この手の人類再編型ゾンビ物はアポカリプスの砦の方が綺麗にまとまってましたね
というわけでおしまい

(画像に問題があれば、削除いたします)
















同じカテゴリー(終末装備)の記事画像
MADサバ8について
珍品コレクション 実寸大T45パワーアーマーについて
終末イベント THE LAST of CRAについて
安価なマッドマックスショットガンについて
珍品コレクション ヌカグレネード編
終末装備について考える終末学について その2
同じカテゴリー(終末装備)の記事
 MADサバ8について (2018-08-27 18:41)
 珍品コレクション 実寸大T45パワーアーマーについて (2018-05-15 20:18)
 終末イベント THE LAST of CRAについて (2018-04-29 10:13)
 安価なマッドマックスショットガンについて (2018-01-27 13:02)
 珍品コレクション ヌカグレネード編 (2018-01-07 22:55)
 終末装備について考える終末学について その2 (2017-10-22 10:28)

Posted by ゾンビハンター at 16:57 │終末装備