2017年10月15日

fallout NCRのコスプレ考察について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回はfalloutコスプレイヤーを増やすための一環としてNCRのコスプレ事情について簡潔に考察したいと思います
簡単なものから難しいコスプレもありますが、是非ご検討を!
(今回はコスプレ関係のみとし、本編の設定には触れません)

1 ベテランレンジャーについて

以前にも記事を書いたNVの顔 ベテランレンジャーですが、装備の集めやすさとしてはNCRでは中くらいですね
https://www.etsy.com/jp/listing/509297968/fallout-new-vegas-body-armor-of-veteran?ga_order=most_relevant&ga_search_type=all&ga_view_type=gallery&ga_search_query=ranger%20fallout&ref=sr_gallery_2
海外サイトでは、装備が一式出品されていたりします
6万前後あれば一式揃えられますし、自作自体もしようと思えば可能です。
そのため海外ではベテランレンジャーがNCR勢の中で一番多いです

2 NCR一般兵

NCRの中核を担う歩兵ですね
とりあえず数が多いのが特徴
薬中の兵士もいたりと設定に幅が持たせられます
装備に関してはアーマーが一番ネック
将校も含め、帽子などは揃えられます
ボディーアーマーは現在型紙は売られてますが、自作するしかありません。
そのためコスプレイヤーの数は少ないですが、NCR勢に欠かせない装備です

3 新兵、ドクター、通信将校



NCR兵ではありますが、後方支援を行っている兵士たちです
Tシャツだけなのでとても楽な装備ですね
コンパニオンのブーンもベレー帽を足せば、出来ます
NCRはなかなか敷居が高いように思われますが、実際にはかなり敷居は低いです

4 レンジャー

そこまで影が濃くないためかいまいち愛好家がいないほか、ボディーアーマーが奇怪すぎるため、海外でも数名しかいない珍しい装備です

武器はサービスライフルなどM16が使えるためサバゲーでも活躍できるでしょう!
以上おしまい

(画像に問題があれば、削除いたします)





同じカテゴリー(終末装備)の記事画像
終末装備について考える終末学について その2
彼岸島X完結記念 彼岸島の吸血鬼について 
The DivisionのLMBについて
The Divisionのライカーズについて
The Divisionのクリーナーズについて
メトロシリーズの第4帝国について
同じカテゴリー(終末装備)の記事
 終末装備について考える終末学について その2 (2017-10-22 10:28)
 彼岸島X完結記念 彼岸島の吸血鬼について  (2017-03-26 22:22)
 The DivisionのLMBについて (2017-03-26 13:23)
 The Divisionのライカーズについて (2017-03-23 11:11)
 The Divisionのクリーナーズについて (2017-03-22 10:33)
 メトロシリーズの第4帝国について (2017-03-18 22:30)

Posted by ゾンビハンター at 00:11│Comments(0)終末装備
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。