2017年02月05日

去年12月に行われた米空軍 48 RQSの訓練について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回は久しぶりに米軍のお話ですね


舞台となるのは、アリゾナ州フアチュカ米軍基地
ここは米陸軍諜報センターがあるため尋問官(人によっては拷問官と呼ぶ方もいますが)多数駐屯しています

今回取り上げる48th Rescue Squadron (48 RQS) も駐屯しており、コンバットキング2から降下後速やかに着地


毎度のことですが仮想敵を制圧後、負傷者の救助に当たります



その後はランディングゾーンを設定
M18スモークでスモークを焚き、負傷者を誘導
やっぱりABU迷彩は、マルチカムより目立ちますね
草原の中にとけ込もうともしない個性はそれはそれでかっこいいですが…



しばらくするとペイブ・ホークが到着し任務完了というわけで短めですがおしまい


ISIS関係の話も記事にしたいんですが、米特が後方支援に専念しているためあんまり書く気になれないんですよね
これから米特と平行して民兵関係をプッシュしていこうかと思いますので気になる方は乞うご期待

(画像に問題があれば削除いたします)





同じカテゴリー(PJ)の記事画像
米空軍 82th ERQSについて
米国PJが使っている青いマガジンについて
同じカテゴリー(PJ)の記事
 米空軍 82th ERQSについて (2016-10-06 22:30)
 米国PJが使っている青いマガジンについて (2016-09-03 18:41)

Posted by ゾンビハンター at 22:07│Comments(0)PJ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。