2017年03月13日

メトロシリーズのレンジャーについて

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回も続けてメトロシリーズのお話です


1 レンジャーについて
スパルタンとも呼ばれるレンジャーですがメトロ最大の都市 ボリスやメトロ全体の平和を守っています
元々どんな組織だったかは不明ですがスペツナズなどの特殊部隊だったのかもしれません
組織としては小規模ですが一人の隊員が赤軍兵士5人に勝るほど優秀な人材ばかりが集まってます

2 主な拠点について
ボリスを始めとして地上の教会に拠点を設けてます

そのほかメトロ2033以降はD6と呼ばれる秘密ミサイル基地を主要拠点にしています
元々はソ連軍の施設ですがBM30ミサイルの他に謎のアメーバが住み着いており生物兵器も保管してあったのではないかとされています
(実際ラストライトで細菌兵器が盗まれてます)
施設の内訳としてはA1ーA4とB1-B4とD2に分かれておりA1がアルチョムがミサイルを発射するのに使った所
B2がラストライトでレンジャーが住んでいる所になっていますが他の場所は登場していません
拠点の中は電気も通っており、技術者やガンスミスなどもいることからメトロ全体の中でもかなり恵まれてます

3 装備について
METROの装備はガスマスクはともかく架空装備ばかりなのですが一応取り上げておくとレンジャーは特殊なフルフェイスガスマスクを採用しており、アイアンマンスーツのように顔前面のみ外れる仕様になってます
これだといちいちフィルター換えなくて済むのですがアルチョムにはもらえません(笑)


そのほかK6ヘルメットにPHB-57ナイトビジョンらしきものも併用
K6ヘルメットはスパルタの刻印が入っていてかっこいいですね
服はアサルトスーツらしきものに謎ボディーアーマー


D6にいるレンジャーは何とも言い難い迷彩のボディーアーマーを着用



隊員の中にはフェイスマスクをつけたレンジャーもいます
主要武器はAK74と一見、内務省系特殊部隊にも見えなくもない洗練されたデザインになってます


4 作中での活躍
メトロ2033ではD6を見つけるために地上へアルチョムとともに出かけ場所を特定しD6を確保


地上でミュータントの群れ相手に大健闘し、貴重な装甲車すらもアルチョムのために出してくれたレンジャー隊員は本当にいい人たちです


ラストライトではD6に大量の食料と銃器が隠されている噂が広がりレッドラインが奪取を目論み戦争に
(実際にはコルブト将軍の戯れ言であり、元々ミサイル基地のためたいして備蓄はありません)
ミラーの演説によりレンジャー100人が立ち上がります

数で勝る赤軍に攻め込まれ次々とレンジャーが倒れていきますがどのエンディングでも勝利を勝ち取っており、メトロ2035では半数以上のレンジャーが倒れたとされ戦力は減ったものの活動を続けるレンジャーの姿が描かれてます
その勇敢さにファンも多くウクライナの某大隊もスパルタのマークを真似していますね

以上おしまい

(画像に問題があれば削除いたします)

  


Posted by ゾンビハンター at 22:58Comments(0)ロシア終末装備

2017年03月13日

サンタブランカカルテルのプロパガンダ部隊について

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回はサンタブランカカルテルのプロパガンダ部隊についてです
ネタバレを含みますのでネタバレ注意


1 プロパガンダ部隊の役割について
プロパガンダ部隊の役割はSBCのイメージ向上と宗教によるカルテル結束を促すことになります
主な仕事としてはカルテルは正義の義賊であるということを印象づけること
貧民のために無償でプレゼントを送ったり、山火事の難民を助けたりと腐った政府に変わってボリビア国民を援助しています
マスコミなども活用しゴーストチームが介入する前はSBCはボリビア国民にもそれなりに人気でした
そのほかは悪事のもみ消しも担当し強大なSBCカルテルを妬む者の仕業として強引にもみ消してます

2 幹部について
ハビネル コロネル バジャルド
通称カルジータ
年齢28
難易度2

メキシコの資産家 ゴンザロ・バジャルドの息子であり金持ちのボンボンです
ボウマンからは彼が成し遂げたことと言えば、卵子にたどり着いたくらいと評されるほど無能
ハーバード オックスフォードなどでBA(学士)
の資格はとってますが基本的に遊び惚けている放蕩息子であり、カルテル幹部としては異常性や残虐性をもたない珍しい例になっています
彼の主な仕事としてはカルテルの顔として表の世界とのコネクションを作ること
彼の自撮り画像はいいねが34万もついており、世界的な有名人になっています
また政治家や有名人の接待も担当しておりリゾートで豪勢に遊ばせてカルテルの影響下においています
功績としてはアグアベルデ国立公園をリゾートに変えたこと
ただし金の力で大臣と賭博規制局を抱え込んだだけです
これに対し住民や環境保護団体からはデモが行われたもののダンプカーでデモ隊をひき殺すなど無能すぎます
ゴーストチームの介入により、カジノやリゾートが襲撃され滞在客は避難
部下に任せられなくなった所をゴーストチームに捕まります
捕まった時には50万ドルやるから見逃してくれと情けない命乞いをするもノマドから呆れられています
目標の顧客リストを聞き出した後は消息不明


マルコガルシア
通称DJペリコ
年齢31才
難易度3

カルテルのラジオ ブションラジオの責任者であるDJです
経歴としてはアメリカの貧民育ちで13才でコカイン所持 15才で殺人未遂を起こしてます
刑務所行きの所を逃げてSBCに所属
シカリオとして殺し屋稼業を始めるも射撃の才能
がなさすぎてボウマンからは逆に失敗するのが難しい仕事すら失敗したとされてます
カルテルは無能には厳しく、殺されそうになったところをスエーニョに話術の才能を認められボリビアへ
カルテルの士気を上げるためにDJの仕事をしてますが本人は不満があり、自分は本当ならハリウッドでリムジンに乗って女の胸の上からコカ吸ってたのに!とぶちまけてます
組織に対する忠誠心やスエーニョへの感謝の気持ちなどまったくない自称大物の小物です
反乱軍のためにゴーストチームがラジオを乗っ取る際に暗号コードを聞き出そうとした時は横暴な態度をとったりとブレないところはある意味大物らしいですね
ミッション終了後は消息不明ですがラジオ自体はボリビア中で流れてます

マルコス リオス
通称 エル チド
年齢30
難易度3

彼のみカルテルメンバーではなく部外者です
世界的に知られたナルココリード(ギャングラップ)歌手であり年間数100万ドルを売り上げボウマンもファンで彼の子供が欲しいくらいと言ってます
ナルココリードを通じてカルテルのイメージ向上を計っているだけであり彼自体は悪人というわけではありません
サンタムエルテのイメージ向上のためにボリビアでコンサートに来た所を狙われます
捕まった時には、アジトまで連れて行かれボウマンに協力を要請されます
特に犯罪を犯したでもなく悪人ではないですが支援してもらっていたカルテルを自分の保身のために即答で裏切るなど人間として大したことありません
 
マリア デル ロシオ メンデル
通称 ラ サンテラ
年齢29
難易度4


自称サンタ ムエルテの女司祭です
セイントメーカーとも呼ばれ狂信的なまでにサンタ ムエルテを信じてます
元は熱心なキリスト教徒でしたがサンタ ムエルテにのめり込みボウマンからは完全にイカれていると評されます
サンタ ムエルテは元は言えばカトリックと土着信仰が合体したものでこれを崇めること自体は犯罪になりません
ただし中身はカルトそのもので、強欲は罪だからと言ってお布施として多額の寄付を要求したり、カルテルのために仕事をするように仕向けます
カルテルメンバーの中にも信仰するものは多く、神のご加護はあるから銃弾を食らっても死なないと思いこませ神の代弁者であるカルテルに奉仕することを洗脳されます
ただしカルテルの加護、カルテルの金や銃つまりはカルテルの力目当てで入る者も多く熱心な信者ばかりではありません
しかしそんな事情もあるなかで彼女は本当に盲信しきっており生贄まで捧げ出したためカルデナルからも気味悪がられてます
ゴーストチームの介入により、聖書を盗まれ怒ったスエーニョに殺されそうになったところをゴーストチームに助けられるも感謝もせず天罰が下る
とわめき散らします
ボウマンからは刑務所で一番嫌われるタイプだと言われCIAに保護され消息不明


ラモンフェリス
年齢36
カルテルのSNS担当

プロパガンダ部隊のリーダーであり元はジャーナリストです
ボウマンからはカルデナルと合わせてプロパガンダ部隊の中心的存在であり、感情と理性と呼ばれてます
彼は善人でありジャーナリストとしてカルテルの悪事を追求しブログで紹介していたもののカルテルに見つかり逆にカルテルを賛美する記事を書かされることになります
しかし良心が痛むことに耐えられなくなりカルテルの人身売買事業を暴露
結果として殺されるもプロパガンダ部隊に大きな損失を与えカルテルを揺るがします

グスタボ セラノ
年齢69
通称 エル カルデナル


カルテルの宗教部門の責任者でありスエーニョの助言役も行ってます
元はカトリックでしたが破門された所をスエーニョに拾われます
スエーニョいわく彼の良心であり本当に信頼できる人間だと言ってます
彼の目的はサンタ ムエルテを広めることであり彼なりに救いの手をボリビア国民に差し伸べようとしていました
ボウマンからは人々の魂を支配しているとされ、信じなければ地獄に堕ちることをダシにしてカルテルに人々を協力させてます
性格は聖職者ではありますが傲慢で神の威光を盾に偉そうにしています
宗教観に関しても熱心ではありますが盲信ではなくビジネスとして見ている所もあり何か奇跡がなければ宗教に人は集まってこないと言うことを理解しており、カルテルに協力したことによって自分の地位は向上したものの悪魔に魂を売ったことを薄々認識しており多少良心的な人物です
ゴーストチームに拉致された後はコカインや児童売買のおかげで作られた教会でふんぞり返っていたことを悔み神に許しを乞います

というわけでおしまい
(画像に問題があれば削除いたします)





  


Posted by ゾンビハンター at 13:59Comments(0)ネタGhost Recon Wildlands