2018年03月28日

アイアムアヒーローのZQNとは一体なんだったのかについて

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回は久しぶりにアイアムアヒーロー読み直したので気になったことについてですね


(1)ZQNの発生源はなんなのか?
正直な話、結構投げっぱなしで終わってしまったため考察でしかありませんが、子供が一番の発生源だと考えられます
以下根拠

1 感染初期の名有り人物が子供から噛まれている

台湾に不倫旅行をしにいった新人漫画家のカオリは子供から
英雄の彼女のテッコは少女から(メールで判明)
いずれも一晩明けてから発症

2 噛まれたあとがない子供が多い
典型的なのは富士山の神社のZQNベイビーズ
噛まれた跡はありません(赤ん坊が噛まれたら親は騒ぐはずですがそういうことはなし)
また2巻の英雄が逃げるシーンで見かける親子ですが、レインコートを着た子供が親を噛んでいます
いずれも噛まれた後がないため、かなり怪しいですね(表現の問題があるかもしれませんが)
藪が道ずれにした赤ん坊も感染していましたが、あれも噛まれたような跡がとくに見当たりません

3 総理大臣などのVIPなどについて
感染拡大の前にVIPが入院した病院で発砲事件や自衛隊が突入したりしています
上記を考えると政府要人、子供などを中心に摂取したワクチンが原因でZQNになってしまったのではないかという説があります
作中の当初は弱毒性のインフルエンザの流行が懸念されていたため、ワクチンの生成が失敗して逆に爆発的に広がってしまった可能性もありますね

(2) ZQNの奇行種について
ZQNの細かい説明はWikipediaを参照していただければいいですが、単純に生前の習慣とは関係ない奇行種やZQNを攻撃するZQNなどがいます

1 まず初めにブリッチ型
ブリッチをしたような体制で動くZQNです
作中でも結構出てきます
テッコ、紗衣、樹海の追突したトラックの荷台の看護師、ショッピングモールの女など
これは特に作中でも説明されてません
ただ女性だけがこの体勢で動き回っているため、何らかの理由はあるかと思います
(エクソシストのオマージュ?)

2 人を襲わずZQNを攻撃するZQN
こちらも結構います
紗衣などなど
後述のクルスとは違い、敵対心のなさを除けばただのZQNです
外伝の長崎でも人間を庇うZQNなども出ていますが、生前の行動によるものだと思われます

3 裸のZQN
裸のZQNも結構多いですが、風呂上がりなどに襲われないかぎり裸にはなりにくいような…
一応の理由としては外伝 長崎の高校生の息子に噛まれたおばさんなどはアツい、サムイと絶叫しながら服を破いてZQNになっています
後述のクルスも裸ばっかなので新陳代謝による体温向上か生前の性癖も原因なのかなと

(3) 物語の核心をつく書き込み
これは見落としがちなのですが、57話の2ちゃんの書き込みの中に宇宙人と思われる書き込みがあります
バイオテロで人類の9割を絶滅させてそのまま地球を乗っ取るなどが地味にかかれており、作中の建物を破壊せず掃除するだけの清掃型ZQNなどと目的が一致します
2ちゃんのような形式で巨大ZQNの中でも個人の意識が話していたりとそのほかの点でも関係ありますね
ただ残りの一割が通常の人類かクルスなのかはいまいち分からずじまい

(4)クルスとはいったい
作中で見られる感染しても知性があり、馬鹿力を発揮するクルスの特徴としては生前に障害があった、もしくは引きこもりや虐められていたなどの精神的なストレスがかかっていたなどです
(来栖、コロリ隊の足がなかった女性など)
作中でも触れられてますが、社会的に不満がある人間はZQNパニックを喜ぶ人もいます


ZQNに変わる時間は個人差によりますが、序盤の以前の世界をクソだと思っていた三谷などは指を噛まれていたのに関わらずかなりの時間意識を保っていますし、そこらへんは画像のセリフの通り
選ばれた人間、ZQNになりにくい人間には共通点があるということです

(5) イタリア編について
16巻のイタリア編と5巻の書き込みを合わせるとよく分かります
テラフォーミングのためにZQNは作られ、食欲だけではなく巣を作るために仲間を増やすこと
クルスは異種であり、自我が強く、ZQNを操る宇宙人とは敵対しており、人類の希望になり得ること

最後に話自体は面白いのですが、やっぱりラストは雑なまとめ方でちまたでも不評ですね
続編もなかなか出なそうですし(アンソロジーでは半年後も描かれてますが)
アイアムアヒーローは私はヒーローではなく、私は英雄(a Hero)なのでZQNを全滅させて人類を救うという話にはならないでしょうが、それにしてもかなりガッカリしました
この手の人類再編型ゾンビ物はアポカリプスの砦の方が綺麗にまとまってましたね
というわけでおしまい

(画像に問題があれば、削除いたします)












  


Posted by ゾンビハンター at 16:57Comments(0)終末装備

2018年03月19日

プライベートライアン ラメル攻防戦の戦力について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回は名作 プライベートライアンを振り返るということで最後のラメル攻防戦のSSと米軍の戦力について考察していきたいと思います
長くなりますので、複数回に分けます


1 SS側の戦力について
SS側ですが、米軍の倍以上の戦力を持っています
戦力的には 
2 cm Flak 38 一門
マーダーⅢM型
ティーガー1 130号と223号
(小説版はパンター)
武装SS 50名以上
ハーフトラック(なぜか第一SS)など
部隊は設定上は第2SS装甲師団 ダス・ライヒ
よく訓練されたエリート部隊であり、普通に戦ったら空挺は全滅していたでしょう
ただアハトアハトで事前に攻撃していたとはいえのこのこ市街地に入ってきたり、戦車と歩兵の連携がとれてなかったりと脚本の犠牲になっている感はあります

2 米軍の戦力について
米軍の戦力はSS側の戦力に比べて圧倒的に劣っています
武装は30口径機関銃 2丁
手榴弾 17個
地雷 11発
60mm迫撃砲の弾
バズーカー 8発
スティッキーボム 複数個
火炎瓶 数個
小火器

人員は第101空挺師団 第506空挺歩兵連隊 第一大隊 13名(ライアン入れて)
第2レンジャー大隊C中隊 6名(アパムを入れて)
計19名と劣勢

ただ地の利と優秀なミラー大尉がいたためなんとかなったといった感じ

3 ミラー大尉がライアンをつれて帰った場合

ミラー大尉があのままライアンを連れて返った場合、単純に7名戦力が減ります
サイズモアさんが残る可能性はありますが、腕利きのスナイパーであるジャクソンが抜け、そもそもスティッキーボムの作り方をヘンダーソン伍長などが知らないためあっさり突破されますね
その場合、橋を抑えたSSと米軍増援が対峙することとなりますが、いい勝負だと思います

というわけで次回詳しい戦況分析

(画像に問題があれば、削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 14:17Comments(0)オススメ作品紹介

2018年03月18日

2018 ストフェスについて

こんばんは
ゾンビハンターです
今回は久しぶりにイベントに参加したため記事にしておきます
ストフェス自体は今回が初めてなので、至らぬところも多かったですが、皆様ありがとうございました。

1 ストフェスの良いところ
参加してみてストフェスの良いところ、悪いところも述べていきますと良いところはまずコミケのような大規模イベントだというところですね
多種多様なジャンルの方が集まりますので、前から気になってはいました
関西ではなかなかそういうイベントもないため、大変魅力的なイベントであります
私の好きなジャンルとしては、バイオハザード、スターウォーズ、その他軍装などが集まって併せができるくらいの規模がありますので、気になっている方はぜひ行くべきだと思います

2 悪いところ
細かいことばっかですが、まず始めに公式更衣室が狭い
キャパシティーが足りてないため、大行列ができていました
衣装チェックもある手前、普通の更衣室を推奨するわけにはいかないのでしょうがストレスが溜まりました
この手のイベントの課題もありますが、もう少し増やしてほしいところ
あと更衣場はやたらと雄臭いというか異臭がしたのもうーんといった感じ
あとはカメコさんの問題ですね
囲いが大きすぎて通行の邪魔になっていたり、関係ない警備員のお姉さんを撮っていたりと他のイベントにもあることですが、ルールを厳しくした方がいいじゃないかと思いました

3 衣装について
今回はSWの悪の組織 ファーストオーダーの士官をやっていました
ただこれが生地が薄い割には日光集めて暑かったですね
靴はスニーカー履いて、動きやすさ優先にしたため本家に忠実なコスプレというわけではありませんでしたが、割と知名度ありました
外国人の兄貴がファーストオーダールーテナントじゃんと声掛けてくれたりとSWはやっぱりすごいですね
ストームトルーパーの一団と撮った写真がなかなか良くて気に入っています
バトルフロント2とかでよくあるやつですね


関西はイベントあんまりないので、将来的にはこの写真のようにサバゲーしてみたり、いろんな洋ゲーのキャラクターを呼んで交流会を企画してみたいものです

重ね重ねファンボーイズの皆さん、写真に許諾してくだった方々ありがとうございました!

(画像に問題があれば、削除いたします)

  


Posted by ゾンビハンター at 21:17Comments(0)スターウォーズ

2018年03月07日

13hoursのモブキャストについて

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回は思いつきですが、モブキャストの方の解説をしたいと思います
特殊部隊の方などは知名度向上のために紹介していますが、今回は俳優さんについてですね
まずこちらの写真 
かなり気に入っている写真です

所属としては左デルタ二名(HK416持ち)、DSSその他になります
左の俳優さんはKenny served氏
この方は12年シールズとして働いていたガチ軍人
映画の強そうなモブ止まりですが、多数の映画に出演

ロン毛の方は、Andy Arrabito氏
この方もガチシールズ
割と有名なミリフォトに載っていたりします

真ん中のDSSはKevin Kent氏
この方もガチシールズ
短パン勢、途中から合流しショットガンぶっ放すという結構目立つ方ですね

右のスキンヘッドの方はMike Moriarty氏
この方はおそらく一般の俳優


DSS勢は黒のDFPCで綺麗に統一
実際はコンドルのプレートキャリア使っているとかは聞いたことはないんですが、統一感あっていいですね


ファーストスピア、コンドルMOPC、DFPC勢揃いの画像
半パンに目がいきがちなんですが、この写真のケント兄貴よくよく見るとサンダル履いているんですよねぇ…
Nikeのシューズもラフですが、これは少しラフすぎるのでは…

また13hoursシチュエーションのサバゲーは前書いた記事以来全く聞かないのは残念です
ブラックホークダウンと同じで、割と再現はしやすいと思うんですよね
大使を守って、籠城して抗戦など面白いと思います
装備自体も拘らなければ安いですし、いいのではないでしょうか?

(画像に問題があれば、削除いたします)


  


Posted by ゾンビハンター at 01:40Comments(0)オススメ作品紹介13hours 装備

2018年02月27日

国際問題になりかねない227問題について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回は悲しいことに炎上の話ですね…
現在起こっているミリタリー業界最大規模の炎上について取り上げ、問題点などを上げたいと思います
RTして批判して、安い正義感で問題を大きくするなという意見もTwitter上で見られましたし、私も考えました。

しかしサバゲー業界では炎上日常茶飯事ともいえますが、今回はブログに残しておくべきだと判断し、わざわざ記事書いてます

1 事の発端について
Twitter上で2月17日に行われた某イベントにて、南京大虐殺は面白かったなどと書き込むツイートが2日前からジワジワとRTで広がり、炎上中
ツイート主は謝罪もなく、失踪
フィールド側もコメントなし(この状況では出しにくいでしょうが)
そもそも結構前のツイートであり、なぜこんなに大爆発したのかは南京大虐殺の書き込みが悪かったと思われます

2 サバゲーの炎上について
サバゲーの炎上といってもいろいろありますが、今まで政治問題になることはありませんでした。
しかし、今回は特大級のデリケートな問題を面白かったと書いて、シナ人(中国人)を軍刀で処刑するような写真を上げれば、当たり前ですが大爆発します
左翼系の方のRTが多かったので、大方南京大虐殺で検索したのがたまたま引っかかって、そこから爆発的に広がったものと思われます
平日の昼間なのに勢いがありましたから、サバゲーマー、軍装勢だけの問題ではすでにありませんし、書き方が悪すぎて左右両方から批判が殺到してますので、これを政治的に擁護する人もいません

3 たちの悪いツイート主
Twitterで調べてみますと、どうもツイート主は以前から問題を起こしている方でした。
そもそも炎上を楽しむようなツイートをしており、良いか悪いかでいうと、極悪人とも呼べなくもないです
本人は焚き火をしてたつもりなのかもしれませんが、油被りながら火の近くにいたら燃えたという常軌を逸した行動ですね
鎮火するつもりだったものの、結局アカ消ししたようです

4 話題の広がり
既に話が韓国までに行き、韓国日報にすっぱ抜かれてます
フェイクニュースではありません。
http://hankookilbo.com/m/v/aad8a716c5f44bb7a764fce053a7a9a2
中国にもすぐ回るでしょう
いわゆる国際問題です
また問題なのが、これが一個人ではなく複数人で行われたことです
一人ならともかく、共犯がいるとなると更に問題です
そもそも最近中国で日本軍の軍装が話題になり、ウェイポーで叩かれまくってましたが、時期が悪かったとしかいいようがありません
火に油を注ぐような事態です

5 問題点
南京大虐殺と書いたのは大問題ですが、他にも問題点があります
当日誰も止めなかった、話題になるまで誰も指摘しなかった点です
正直な話処刑の真似事をする人は日本のサバゲーだけでなく海外でもいますが、誰かが止めたら結果は変わっていたでしょう
次にASGKのようなサバゲーマーの団体がないため、炎上に関して声明が出せません
本来であれば、謝罪とフィールドへの出禁を声明し多少の鎮火は見込めたのかもしれません
一応一般法人はありますが、あそこは炎上に手を出さないため、話を取りあげても誰も関わろうとしないのが現状です
こうしているうちに既にあのイベントはヤバいやつだった、参加しなくてよかったというサバゲーマーの意見が散見され、一般人からは、サバゲーマーはヤバいし類は友を呼ぶとされてます
次に炎上しても日常茶飯事なため、みんな忘れてしまうこと
感覚が麻痺しがちなのですが、問題起こして謝罪もせずアカウント消しただけで無罪放免というのはかなりひどい話です
今回の方は何らかの理由で軍装やめるため、自暴自棄になったのかもしれませんが、これでは自爆テロです
最後に身内ネタというかネット掲示板のノリをTwitterに持ち込む分別が必要であったと思います
冗談のつもりでいっても、通じないこともあるんです

6 最後に
炎上はアフィブログの糧にされがちですが、問題を起こせば、軍装、ミリタリー業界の首を締めているということは肝に命じたいです
私はサバゲー業界、ミリタリー業界の未来を考えているというよりかは現状維持に腐心しています
これ以上なにか問題があれば、オリンピック前で何かと規制したがっている一派には格好の餌食のわけで…
また問題を起こした人が見てくれればの話ですが、捨てアカでもいいので、イベント参加者、フィールドに謝りを入れるべきです
とくに問題の画像の後ろに移っている方に。
そのほかミリタリー愛好家以外の方に軍装は決して悪いものではないと届けば幸いです
長文失礼しました

  


Posted by ゾンビハンター at 23:35Comments(0)

2018年02月24日

銃器解説 MP5Kについて

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回は久しぶりにガン解説と言う形でMP5Kについて解説したいと思います
というのもMP5Kが最近、SATの訓練で登場したためですね
2007年ごろのSITが立てこもりに出動したときにも確認されてましたが、今でも日本警察では現役のようです
MP7などに更新されないかぎりは、まだまだ使うでしょうね

1 使用例について
有名な銃なのでガンスペックなどは省略します
基本的には特殊部隊、要人警護向けですね
まず昔に紹介した米特関係



PDWが極少数かと思われますが、使用されていたようです
ストックと多少の改良はされたものの、結局のところはPDWはMP7に取って代わられたため最近ではまず見ませんね

次にSAS関係



SASといえばMP5ですが、こちらも極小数使用例あります
実銃でもコンパクトなので室内戦には使いやすそうですね

米軍ですが、有名な写真でMP5Kを携行しています
鹵獲品とかではなさそうですね


そのほかオーストラリア兵が射撃練習している有名な写真もあります


ベトナム警察でも使用例あり


故カダフィ氏関係者もMP5Kを携行


そのほかいろいろありますが、Twitterに画像の余りは掲載します

2 トイガンについて
トイガンについてはマルイさんからMP5K、PDW、上級モデルのHCなど
パクリのCYMAさんからフルメタルのMP5K、PDWなどが登場しています
マルイさんの安定感もさることながら、大型拳銃並みの大きさながら、フルメタルで所持できるため、中華にも分がありますね

ということでおしまい

(画像に問題があれば、削除いたします)
  


Posted by ゾンビハンター at 15:58Comments(0)ガン解説

2018年02月23日

サバゲーは衰退したのか否かについて

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回はTwitterでサバゲーが衰退しているというツイートを拝見したため、今回はそのことについて述べたいかと思います
https://twitter.com/yui0926x/status/963039413759455233
結論から言うと、私は現段階では衰退ではなく、人口減少による淘汰が起こるものの、国内フィールド、トイガンメーカーが死に絶えるということにはならないと推測してます
以下理由

1 サバゲーの初心者、上級者について


某ツイートでは、初心者、上級者について書いてられましたが、私はライトユーザー、ヘビーユーザーについて注目した方が良いと感じました
サバゲーがうまい、週何回も行っているのではなく、どれだけ銃や装備にお金をかけているかですね
フィールドに月に何度に通う人もいれば、イベントの時にしかサバゲーしない方もいますし、ここらへんは一概には言えませんが、行く回数が少ないからといってサバゲー、ミリタリー業界にお金を落としていないわけではないと思います
フィールド利用料以外にも物販とかもありますし、そこらへんはやりくりされているでしょうね
またサバゲーマーに対して、フィールドが多いとも書かれていましたが、Twitter上で計測するのはやや無理があると思います
そもそも関東と関西ではフィールド密集度が違いますし…
ヘビーユーザーの方は、何本も銃も持ってますし装備も着れないほど持ってますので仮に初心者が離れてしまっても精鋭が残れば、現状維持にはなるはずです
サバゲーといっても後述しますが50代の方でもやられている方いますので本格的にサバゲーマー人口が減っても数年は歯止めがかかるかと思われます
ある程度の初心者が離れるのはサバゲーの特性に合わなかっただけであって、初心者離れは衰退の現れだと話持って行きにくいですね…

2 新しい形のコスサバゲーについて
最近ではMADサバ、armor祭、チェンサバなどの個人主催のコスサバゲーが人気を博しています
だいたい2014年ごろから現在まで続くものもありますので、ある意味ブームが来たといえるでしょう
後述のデータと照らし合わせると、衰退ではなく、新しい流行が隆起したといえます

3 具体的なデータについて
論拠としてこちらのデータをあげておきます
https://xbusiness.jp/military/marketing
このことからトイガンともに、サバゲー全体が2013年から2015年にかけて少なくとも好調であるといえます
このころは銃器がたくさん出るアニメがよく出ていましたし、FPS人気もありましたので妥当なデータかと思われます
ちなみに最新のデータの予想であるこちらもやや鈍るものの堅実に成長しているとの予想が上げられてます
https://www.yano.co.jp/press/press.php/001773

衰退しているというよりかは少なくとも売上は好調なのが実態なのです
サバゲーブームの終焉はこれまで何度も言われてますが、バブルがはじけることもなく、小さな業界がやや成長を続けていると言えるのではないのでしょうか?
初心者離れや他のことに関しても某氏のツイートは論拠にかけるといいますか、主観が入りすぎているような感じがします
モラルの低下は主観のため、論拠にはしにくいですね
ルールはともかく、モラルはトイガン持てるような年の人間に説いてもなかなか効果がないというのが私の持論です

4 総論
ただしサバゲーが絶好調というわけではなく、人口減少、少子高齢化により確実に若年層は減ります
サバゲーのアニメがお世辞にも一部を除いて、良かったとは言えませんし、新規層の獲得は必要であると感じます。
FPS人気で銃器に興味を持つ人が増えてますし、積極的な勧誘は必要でしょう
今の所は衰退期ではなく成熟期といえます
なかなか伸びしろがなくなったところ某氏は衰退と感じたのではないのでしょうか?
仮の話をしますとオリンピックに向けてトイガンが何らかの規制に入った場合、ヘビーユーザーが業界が離れた時がほんとに衰退期に入ったといえるでしょう
今後も気になったことは評論家気取りでコラム書きたいですね



  


Posted by ゾンビハンター at 14:35Comments(0)ネタ

2018年02月14日

12Strongのプチ装備考察について

こんばんは
ゾンビハンターでございます
今回は米国では既に公開された12strongについてですね
夏頃には日本でも公開されるかと思いますが、画像から見る装備考察をしたいと思います
ストーリーなどは割愛
13hoursのように追加記事はつくるかもしれません

まず主人公のミッチ兄貴から

服は黒のポーラテックフリースもしくはDCU
初期アフの定番ですね
プレキャリはなぜかAAV
チェストリグはコマンドチェスト(ファステックスが黒じゃないので現行品)

BALCSとかも他の人がつかっているのになぜ主人公だけアレなのかは疑問ですね
ソー役で忙しいクリスさん格好いいのであんまり気になりませんが


靴は割と分かりやすいデザインのASOLO Fugitive GTX
原作でも民間の靴つかっているって書いてありますし、そこらへんは多分準じたかと
ちなみにこの画像ですが、下からフリースはみ出てますので重ね着してます



靴はバラバラですが、官給品かオークリーのブーツ?履いている人全然いないですね


そのほかモブの方がELCSベスト、V1なども確認



全体としてはアイウェアをしている方がいない
時計もろくにしていないのは少し残念
ローンサバイバーでもさっさと外しちゃいますし、役者の顔写すのには邪魔なんでしょうね
評判見ているかぎりは面白そうなので楽しみです
原題をホースソルジャーから12strongに変えたのは13hoursを意識したのか…

(画像に問題があれば、削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 21:59Comments(2)オススメ作品紹介初期アフ

2018年02月03日

SW ファーストーオーダー 士官服について

こんにちは
今回はついにやってきたファーストーオーダー ルーテナントユニフォームについてですね。

まずファーストーオーダーといえば、基本的に黒の制服
ナチス風の架空制服としては、かなりいいデザインだと思います


購入先はこちら
https://www.procosplay.com/star-wars-four-first-order-lieutenant-cosplay-costume-mp003312

元は灰色の制服でしたが、黒の方がいいでしょと先方が言い出したため黒にしました。(灰色でも一応はまちがってないような気もしますが)
現在は黒い仕様だと思います。
値段は格安の85ドル
送料込みでも100ドルちょっとなので14000円くらいで買えます
肝心の出来映えですが、しっかり裁縫もしてあって好印象
初めて買うところだったので、なるべく簡素な制服を選んだのでしたが、あたりでした
ちなみにサイズは普通にアジア人向けに作ってくれるのでタイトです
USサイズを想定して買うほどでもありませんが、やや余裕があったほうがいいかも
私のものは肩がかなりきついです
制服の上着はボタン式で安物のチャックよりは全然マシな構造
ベルトはベルクロで止めるため、問題ありませんでした
細かいことをいうと胸のシリンダー部分は本家と違いますね
あと腕の腕章は残念ながらついて来ません

ともあれ低コストながら、ファーストーオーダーの下っ端下士官、ハスク将軍が簡単にコスプレできます
注文してから1ヶ月半かかりましたので納期のみ注意
そのほか問題ありません
SWコスサバゲーでふつうに使えると思います

(画像に問題があれば、削除します)  


Posted by ゾンビハンター at 17:17Comments(0)愛すべきモブ

2018年01月27日

安価なマッドマックスショットガンについて

こんにちは
ゾンビハンターでございます
今回は超安価なマッドマックスショットガンについてですね


マッドマックスと言えば、ソードオフの水平2連ショットガン!
トイガンではハドソンやパクりの崋山などがありますが、そのほかにもいろいろ代用品はあります

まずこちら
https://www.etsy.com/jp/listing/538347663/cosplay-weapon-mad-max-sawed-off-shotgun

3Dプリンタで複製されたプロップですね
残念ながら、木製ではありませんが見た目はみた感じそこまで悪くないように感じます
ハドソンの使い古された中古を使うよりは、発砲できませんがなかなか良さそうです

次に結構有名なトイザらスのショットガン
URL見つからなかったため、貼りませんがこちらも水平2連のショットガンです(ロング)
値段は千円未満と格安で、ちゃんと折れる代物で一部のトイガンマニアで一時期話題になってました。
現在売っているのかは知りませんが、探してみる価値はあるかもしれませんね。

私はマッドマックス ショットガン持っていないため、こういう代用品でも一丁買おうかなと考えております
まぁヤフオクでも結構いい感じのショットガン売られているんですが…
次回は中国が旧正月のため、荷物が大幅に遅れていますので未定。

(画像に問題があれば、削除いたします)  


Posted by ゾンビハンター at 13:02Comments(0)終末装備